タグ:日常 ( 216 ) タグの人気記事

ご無沙汰しております。

久しぶりに自分のブログにやってきてみて、最後の更新が新年だったことにびっくり!
せめて月1回くらいは更新しようと思っていたのですが、なかなかできず。。。

しかも前回の記事のタイトルが2011ってなってますが、2012年、ですよね。

2012年に入ってちょっとした頃に、二人目を妊娠していることがわかりました。

昨年、妊娠初期に流産をしているので今回の妊娠はある程度落ち着くまであまり人には言わず、ジュニアに話したのも1~2ヶ月してからだったような気がします。

出産予定日は9月の終わり頃。
ウルトラサウンドでは女の子と告げられています。
でも、ウルトラサウンドは100%ではないそうなので、産んでみたら確実な性別がわかると思います。

ジュニアは赤ちゃんが生まれるのをとても楽しみにしてくれていて、大きくなるお腹に毎日話しかけたり、ハグやらキスやら。
でも恥ずかしいらしく、これをするのは私とふたりだけの時。

前回が流産だったので、今回もまたお腹に赤ちゃんがいるという話をした時は、「またいなくなっちゃうの?」とか、いろいろ不安そうだったのですが、大きくなっていくお腹を見て安心したのか、今となっては待ちきれない様子。

現在24週、ジュニアを妊娠していた時はどんなだったんだっけ?と思って、過去の自分のブログを振り返ってみたら、4年の間に忘れてしまっていたことが沢山!

お腹の大きさは、ジュニアを妊娠してた時も大きかったけれど、写真を見たら、ジュニアを妊娠してた時の26週の写真よりも、今現在ふたまわりほど大きいです。

赤ちゃんは至って元気な様子だけど、ウルトラサウンドでは、5日分大きいとされているので、またジュニアの時みたいに大きな赤ちゃんが生まれてくるのではないかと思います。

でも、体重増加は仕事をしてることもあって、ジュニアの時よりは穏やかな伸び。

今回の妊娠は仕事をしながらの妊婦生活なので、ジュニアを妊娠していた時のようなのんびり感とは正反対に、毎日あわただしい日々だけど、特別なエクササイズなしに妊婦生活をアクティブに過ごせてるので良いのかな、と思うところ。

ブログもまたぼちぼち更新していきたいと思っています。
(できるかな)
[PR]
by ohayo-canada | 2012-06-02 11:49 | 二人目妊娠
ジュニアが生まれて3年。

そのうち小さくなると思って特に何もせず過ごしてきたのだけど、あるところまでしょぼんだ後、一向に小さくならないお腹。 小さくなるどころか、最近また出てきたようで、ひとつパンツがはけなくなってしまった。。。

そんなお腹を見て妊娠を疑い「何か隠してることない?」って旦那に言われるほど。

体重は変わらず、体型だけが変わってしまってきていると思っていたのだけど、念のため体重を量ってみたら、一度は妊娠前までの体重に戻っていたはずなのに、そこから+2Kg。

これはまずい。
でも今気づいてすぐに対処すればこのお腹もひっこむかもしれない!?ということで、お腹のダイエットを始めることにしました!

とは言っても、子育てや家事、仕事で忙しい中下手に体重制限するとまたダウンしてしまう可能性があるので、基本的に食べる量は減らさず、食べるものを変えてカロリーオフすることにしてみました。

そしてお腹のダイエットに欠かせないのが運動。
朝晩のお腹の体操と、ジュニアと自転車で公園に行くときは自分はローラーブレードで行くことに。

ローラーブレードはジュニアがストローラーに乗らなくなって以来使っていなかったのだけど、実はこれ、ジョギングよりも体の筋肉を使い、カロリーを消費できるのだそう。

ジュニアが補助なしの自転車に乗れるようになり、自分も同じく自転車を買おうかどうか迷っているところでもあるのだけど、自転車はジョギングよりもカロリー消費が少ないのだそう。 その代わり、体への負担はジョギングよりも少ないとのこと。

気になる食事は、野菜とたんぱく質をよく取り、穀類の量を減らす。
かといっても全く穀類を食べないのではバランスが悪く、体にも良くなさそうなので、野菜とたんぱく質を増やし、穀類の量を今までの半分に抑えてみることに。
食べるのも、決まった時間に食べ、だらだら食いをしない。


一番の目標は体重を落とすことよりも、お腹をへっこますこと。
体重は、とりあえず今以上増やさないこと。

まだまだ始めたばかりだけど、まずは切れなくなったパンツが再びはけるようになるまで頑張ります!
[PR]
by ohayo-canada | 2011-06-18 06:37 | Kelowna Life
3歳1ヶ月、ジュニア、ついに補助輪なし自転車が乗れるようになりました!

e0090610_6574431.jpg



ストライダーに乗れるようになり、自転車の補助輪もはずしたいと自分から言い出し、はずしたものの最初の頃はうまく乗れずに諦めかけていたのだけれど。
ストライダーが乗れるようになった公園に行って練習をしたらすぐに乗れるようになりました!

たぶんここは、普段はウォーターパークなので地面が平らで、ちょっと不安定でもうまく乗ることができ、適度な坂があるので適度なスピードがついて乗りやすいのかもしれません。
ストライダーもここのウォーターパークで乗れるようになり、ウォーターパーク以外の公園内も乗れるようになり、そしてどこでも乗れるようになったので、自転車もこの手順を踏んでみようかと思います。

本人も、自分で補助輪をはずしたいとはいったものの、うまく乗れないので諦めモードだったのですが、乗れた時は自分でも感動したようで、とっても嬉しそうな表情でした^^
そして一度乗れるようになったあとは、何度も何度も乗り、嬉しそうにうなずきながら乗ってました笑。

一緒に練習した私も、自転車を押さえている手を離す、というのも実はとても勇気のいることでした!

まだ自分で足をペダルに乗せてこぎ始める、というのができないので今はまだスタートの時だけ抑えているのですが、これはもうちょっと練習したらできるようになるのか?それともちょっと身長が足りなそうでもあるのでもうちょっと体が大きくなったらできるようになるのか?


補助輪なし自転車の練習にストライダーが良いというのは聞いていたものの、これは本当にお勧め。
三輪車のペダルがこげるようになったのがこの春。
そして補助輪つきの自転車を買ったのが4月。
そのあと毎日乗り続け、5月にストライダーを購入。
毎日はできなかったものの、買ってから約2週間くらいで足を離して乗れるようになる。
それから1ヶ月弱、ストライダーにも乗りつつ、時々補助輪なしの自転車も練習。
補助輪なしの練習は週に2回くらいで約3週間で乗れるようになりました!
[PR]
by ohayo-canada | 2011-06-11 07:14 | 育児(3歳)
雪が溶けてから少しずつ始めた運転。
日本ではよく運転したものの、カナダに来てからは免許をこちらのに書き換えたにもかかわらず長い間ペーパードライバーでした。 
左右反対なのが怖かったのと、Kの車が大きいので私に運転できるか不安だったのと、日本で何回か事故を起こしてるので私が運転するとまた事故るんじゃっていう恐怖と、いろいろあって運転するつもりはなかったのですが、9月からジュニアのプリスクールが始まり、運転しなくてはいけない状況になるので、少しずつ車の運転を始めています。

Kの車は私には大きくてうまく操れるか心配だったのだけど、いろいろ調整して乗ってみたら以外に大丈夫でした! ペーパードライバー暦が長かったので慣れるまでに時間がかかったものの、一度慣れたら今度は車なしの生活が考えられないほどに。。。

またそんな時に見つけたiPhoneにダウンロードできるカーナビ。
たった$3.99でカーナビが使えるならそれはかなり良い、と思い、試しにダウンロード。
そして使ってみたところ、しっかりと声で案内してくれ、通常の車に積んであるカーナビのようにしっかり道案内してくれます。

画面はiPhoneなので小さいけれど、声で案内してくれるので運転中は見る必要なし。
万が一迷ったらどこかに車を止めて今どこにいるか確認できます。
といっても市内かなり単純で迷うこともめったにないと思うのだけど。
初めての場所に行く時にはナビがあると事前に曲がる場所を言ってくれるので車線変更があわてずにできます。

この前の冬に買ったiPhoneは本当に大活躍してくれています。
音楽や写真などのデータを持ち歩くだけでなく、必要なときにネットで調べ物ができたり、アプリをダウンロードすればこれひとつ持ち歩くだけでかなりのことができます。
スケジュール管理や書類のスキャンなんかもiPhoneでできてしまうほど。
車の中で聞きたい曲なんかもiPhoneに入れておけばCDを車に持ち込まなくてもいつでも気軽に聞くことができます。なので、CD忘れちゃった!なんていうこともなし!
高かったけれど、使い勝手の良さや画質のよさなんかを考えたらそれほど高くないような気もするほど。

本当に、便利な世の中になったなーと思います。
[PR]
by ohayo-canada | 2011-05-24 06:14 | Kelowna Life
今週末は月曜日がビクトリアデーという休日なのでカナダではロングウィークエンド。
友達と一緒に初めての乗馬に行って来ました!
ちょっと遠いところだと思ってたのですが、行ってみたら何と家から車で10分。
いつでもいけそうな距離。

何を見ても「乗る!」と言っていたジュニアにとって、馬(動物)に乗れるというのは本当に感激な出来事。
案の定、「もっと乗りたい!」と軽くごねましたが、他の動物を見に行こう、ということで何とか乗り切りました。

ここの牧場には、馬を始め様々な動物が飼育されています。

まずはラマ。

e0090610_1010167.jpg



ぬぅーっとした表情で見つめられました笑。

そして次はブタ。

e0090610_10104884.jpg



ちょっとダイエットした方が良いんじゃ、、、というくらい太っています。
そんな姿を見て、千と千尋の映画を思い出しました。

また、ミニサイズのヤギもいました。

e0090610_1012859.jpg



このヤギたちは年齢は大人なのですがかなり無邪気で、子供たちと一緒にはしゃぎまわってくれました。

e0090610_10131428.jpg



ジュニアが乗せてもらった馬はテディという大きな大きな馬。
体は大きいけれどとっても穏やかで優しい馬。
乗せてもらう前にいい子いい子して挨拶をしたり、ブラッシングをしたり、また乗せてもらった後にはありがとうの印におやつをあげたりしました。

e0090610_1016747.jpg



ファームの人の話も真剣に聞きます。

e0090610_10165368.jpg



馬に乗る順番を待つ間もジュニアは馬にくぎづけ。

e0090610_10181114.jpg



馬に乗るだけでなく、馬の後ろに立ってはいけない等のことを初め、愛情の示し方、関わり方、お世話の仕方、尊重の仕方などなど、大切なことを沢山教えてもらった一日でした!
[PR]
by ohayo-canada | 2011-05-22 10:20 | 育児(3歳)
動画をアップしたいのだけど、どうもやり方がわからない。。。。




それはさておき、3歳になる直前にストライダー
というものを購入。

これにひと夏のっていれば来年の春に自転車の補助輪がはずしやすいんじゃないかと思って買ってみたのだけど、びっくりなことに、乗り始めてから数回ですでに足を地面から離してすいすい乗れるようになりました!

坂道も楽しそうにWeeeeeeeee!と言いながら足を離して降りていきます。

子供ってすごい。

私は補助輪がはずれたのなんて小学校に入ってからだったけど、たぶんこういうのは年齢が低い方が余計な恐怖心なく乗れるんじゃないかと思います。


まだ寒い日がたまにあるけれど、季節はすっかり春。
夏も目の前なんじゃないかと思います。


アウトドアの楽しい季節です♪
[PR]
by ohayo-canada | 2011-05-14 08:02 | 育児(3歳)
楽しかったイースターホリデー。

ジュニアと友達とプールに行ったり、その後片道1時間の公園まで自転車で行ってしまったり。
次の日になってもまだ疲れが取れないなーと思いながらも、休暇中あちこちの公園に出向いては家族や友達と楽しい時を過ごすことができたのですが。

連休最終日。
何だか脇腹が痛いなーと思っていたらそのまま痛みが増し、夜には動けないほどに。
それでも何とか痛み止めを飲んで次の週。
次の日は痛みが脇腹から腰に移動。起き上がれないほどだったのだけど何とかがんばっておきてその日はいちにち仕事。
そしてその日の夜には胃痛に変わり、夜中に痛みが原因で吐いてしまうほど。
次の日もまだ胃痛が取れず、これはいかんということで、仕事が終わってから病院へ。

もうちょうとか、胃潰瘍とか、そんなんじゃないかと心配したりもしたのだけど、診断結果は疲労。

ついついやってしまう自分の体力の過信。

そういえば10年くらい前にも日本でやったことがあるこの過労。
あの時は入院でした。

とりあえず胃痛を和らげるための薬を処方してもらい、コーヒーと柑橘系の食べ物が禁止に。
といっても、胃痛がよくなれば飲んでも良いとおもうのだけど、毎日、朝と午後に飲んでいたコーヒーが禁止となるとちょっときつかったりする。

思い返せば、この週末、普通じゃないくらいの空腹感があって、食べても食べてもお腹がすいて、虫でもわいたんじゃないかと思うほどお腹がすいて、でも食べたばかりだし、と思いながら我慢してしまったのが今回の胃痛の原因なような気がする。
ものすごく体を動かしたので、体が食べ物を欲しがっていたのかもしれない。

何はともあれ、病気でなくて一安心。

そしてこの日はカナックスとシカゴのホッケーゲームの日。

病院のテレビも勿論チャンネルはホッケー。
待合室でみんなで観戦し、ホッケー大好きのKは帰り道にラジオでもチェックするほど。

そして、ちょっと点数入れられると、人生終わったかのように頭をかかえてなげく。
恐るべしホッケーの力。
そんなKの姿を見てジュニアもちょっとびっくり。
点数入れられて「あーーーーー!!!!!」と大げさに落ち込むKを見て、「ナニ?」と言ってました笑。
Kが説明するとふーんといった感じだったのだけど、そのうちジュニアも大人になったら他のカナダ人のようにホッケー命になるのか?

たぶん、カナダの宗教はホッケーだと思います。
[PR]
by ohayo-canada | 2011-04-28 07:34 | Kelowna Life
イースターエッグハンティング。

ジュニア、いつの間にか季節の行事も一人前に楽しく参加できるようになりました!

イースターは今週末だけど、デイケアのメンバーがそろう日がちょうど昨日までだったので、全員が集まっている日に庭に卵をかくして(といっても芝生の上においただけですが)、かごをひとりひとつずつ持って卵探しへ。

街のあちこちではイースター用の卵やうさぎのチョコレートやキャンディが出回っているけれど、できればそんな甘いものは知らずにいてほしいので、卵は中に粘土が入っているものを使用。

2歳のふたりははりきってかごを持って卵探しをしました!

欲張りなジュニアは数えてあげる、といっても、それも嫌だといって誰にも自分の卵を触らせないほど苦笑。
子供って本当に欲張りだなって思うときがあるけれど、そうやって自己主張できるのも大事なことで、欲張ることだけでなく、分け合うことも学んで育っていってくれたらいいなと思います。

一度暖かくなった後にまた寒くなり、朝の気温がまたマイナス4度くらいまで下がっていたここ最近。
そんな気温の変化についていけず先週はみんなで風邪を引いてしまい、大事をとって室内にこもっていたのですが、気づけばあちこちでつぼみや花が咲き始めていました!

e0090610_772929.jpg


e0090610_77572.jpg



春到来!
[PR]
by ohayo-canada | 2011-04-22 07:09 | 育児(2歳)
ケロウナに引っ越してきてから毎年作っていた庭の畑。

去年の夏は、夏の始めに引越しがあったので鉢でトマトやハーブを育てただけだったのだけど、今年は新しい家、初の畑作り開始。

前に住んでいた家ではすでに畑にできるような場所があったけれど、新しい家では庭は一面芝生なのでまずは芝生をカットするところからスタート。

e0090610_637444.jpg



Kの仕事先から機会を借りてきて芝生をカットし、はがしていきます。
はがした芝生はまだまだ使えるのでKの同僚がもらってくれました☆

芝生を全部はがしたら次は硬い地面の土をやわらかくたがやかしていきます。

が、掘ってみると土の中には石や大きな岩みたいなのがごろごろ。

これを全部どうやって排除するのかまだ未定だけど、とりあえずジュニアと遊びながら石拾いごっこをしてみたり、砂場のおもちゃで遊びながら大きな岩も掘り出しました!

e0090610_6411228.jpg



でもこれはさすがに私の力では持ち上がらなかったので、とりあえず掘り出して、排除はKの休みの日を待ちます。

畑を耕す作業も地道にスコップでやり始めたのですが、Kの同僚に農家をやってる人がいて、使わなくなった機会をゆずってくれるみたいなので、とりあえず耕すのは機械が届いてから始めることに。
スコップで耕したらきっとかかる期間は3週間、だけど機械があれば30分で済むらしいので。

まだまだスタートしたばかりだけど、ジュニアも今年の夏は3歳なのできっと今まで以上に一緒に楽しめそうですw

e0090610_648044.jpg


[PR]
by ohayo-canada | 2011-04-10 06:48 | Kelowna Life
この1年、本当にいろんなことがあったように思う。

2009年クリスマス前に帰国し、その前に痴呆のことを心配されていた母も私たちが帰国していた時には全く問題なく元気で安心したりもしていたのだけど、そのあと私たちがケロウナに戻ってきて、私の誕生日の日に脳出血で入院。
妹からメールがあり、誕生日メールかな?と思ったら「お母さんが入院しちゃったよ!」っていうメールでびっくり。

母は何とか回復し、リハビリも終えて以前ほどではないものの歩行が可能なほどまで回復し、長い入院生活を終えて無事に入院。

この母の病気を機に、日本にいる家族みんなが変わったように思います。
ずーっと昔、家族4人でひとつの家に住んでいたときは、長女ということもあって何かと言うと頼られる役割だったのですが、今は遠く離れたところにきてしまったこともあり、電話で相談しながらも妹がとてもがんばってくれました。
母をカナダに呼ぶ、ということも考えたのですが、保険などの問題からできず。

そんな中、一番大きく変わったのは父のような気がします。
今までは自分のことばかりで、母にもいつも「また散らかして!」なんてことをいつも言われていた父が、ものすごくしっかりした父に変身したような気がします。 父のことを良く言うことがなかった母でさえも、電話をすると「お父さんがよくがんばってくれてるよ」と言うようになりました。

そして今まで人の誕生日とか記念日とか、全く無関心だった父が、もうすぐジュニアの誕生日だから何か贈りたいと言うようになりました。 今は地震のこともあるし、家族のことで大変だと思うのでこっちのことよりも日本での家族のことや仕事のことをがんばってくれればそれでいいとも言ったのですが、この気持ちを受け取ることも遠くにいてできることのひとつ、と思い、プレゼントを贈ってもらうことに。
父としては、今は孫や家族のために動くことが生きがいになってるような気がします。

地震後、計画停電で交通機関が乱れ、元々睡眠時間が足りなかったのがさらに足りなくなり体力的につらいと電話で言っていたりもしたので、体のほうがとても心配なのですが、1日も早く日本の生活、経済に回復が与えられますように、と願います。

そしてこの冬、私自身も体力が弱くなったのか、菌が強くなったのか、クリスマス前から今まで、様々なフルーや風邪にやられて5回ダウン。 うち2回はデイケアをお休みするほど。
そしてこともあろうに、この冬6回目の風邪がまたまわってきてしまっている今。 まだダウンしてないものの風邪の兆候におびえています。
体力をつけなくては。

そして今回の巨大地震。
心配で、ついついニュースばかり見てしまい、その不安がジュニアにも伝わってしまったようで、おしっこもうんちもトイレで問題なくできていたのに、いきなりおしっこをおもらし。 間に合わないときはいつもちびるだけだったのだけど、完全に全部出てしまってる状態。
どうしたんだろう、と思ったらその日の夜から始まった指しゃぶり。

それからはテレビでニュースを見るのをできるだけやめ、情報は家族との電話とネットでのニュースからだけにすることに。 おしっこはまだ時々もらしてるものの、指しゃぶりはこれですぐに落ち着きました。

そして今回の地震でジュニアが新しく覚えた言葉。
「東京」「地震」。

テレビのニュースをジュニアがいる前で見るのをやめたので大丈夫かと思ったのだけど、テレビを消すようにしてから、「地震?怖い?」と何度も聞いてきます。 2歳でまだそんなに理解していないと思っていたのだけど、それなりに何が起こったか、なんとなく理解しているみたい。

実際に被害にあわれた家族や子供たちはもっともっと心の奥深くに傷を負ってしまったんだろうと思います。

海外にいる日本人だけでなく、近所の人や、プレイグループでよく会うスタッフや他のお母さんたちもみんな日本のことを本当に心配しています。お祈りしてくれています。

巨大地震から早1週間がすぎ、日本はこの1週間でがらりと変わってしまいました。

まずはできることをしつつ、復興のためにも、元気の元のためにも、このブログでもできるだけ明るい話題を更新していこうと思います。


このような状況の中、様々なところで寄付や募金の声が出ているかと思いますが、寄付や募金をする場合には、その団体が信頼できるものであるかしっかりと見極めましょう。
悲しいことですが、詐欺募金なんかもあります。せっかくの助けたいという気持ちが届かなくては残念です。

日本赤十字では、インターネットからクレジットカードなどでも募金をすることができます。
カナダ赤十字からでもできますが、ウェブサイトからだと日本の地震だけでなく、過去にあったスリランカの地震と津波(彼らもまだ回復していません)にも使われてしまうそうです。
なので、日本の今回の地震に向けて寄付をしたい場合は、カナダ赤十字を通す場合は、ウェブからではなく郵送でチェックを送り、今回の日本の地震と津波に向けて使って欲しい旨を伝えないといけないそうです。もしくは日本赤十字に送って下さいと。

1日も早くまた平和な日々が戻ってきますように、お祈りしています。
[PR]
by ohayo-canada | 2011-03-19 06:41 | 家族