<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

平日はバタバタしてるけれど、週末はジュニアとふたりでのんびりできるので、昨日はちょっと夜更かししてジュニアを寝かしつけたあとに友達に借りたDVD、「ほたるの墓」を見た。

タイトルから予測はできたものの、予想通り悲しいストーリーで、一緒に見ようとKを誘ったことを即効後悔。
こういうのはひとりでじっくり見たいよなーなんて思ってしまう。

Kもどちらかというとこういう悲しいストーリーは苦手なようで、途中で耐えられなくなってタバコすいに行っちゃったけど、鼻すすってたのでタバコすいながら庭でひとりで泣いたらしい笑。

そんなこんなで、この日はいつもよりゆっくりして、土曜はアラームをかけなくても良い日なのでいつもよりちょっとゆっくり寝る予定、、、だったのだけど、、、朝5時半にジュニアの泣き声。

上に住んでるおにいちゃんが明け方帰ってきてバタバタやったらしく、ジュニアも起きてしまったらしい。

ベースメントだとどうしても上の人の物音でいろいろ問題が生じるのだけど、あと少しで引越しなので、もう少しの我慢。。。

ジュニアもいつもだったらまた寝るのに、今日に限って寝ず、週末なのに、、、と思いつつも仕方なく起床。


そしてせっかく早起きしたので、午前中の時間を有効に使おう、、、ということで、、必用な買い物を済ませてしまうことに。

が、やっぱり寝不足がたたり、散歩中にもかかわらずどうしようもない眠気に襲われ、コーヒーを求めてスタバへ。


久しぶりに行ったスタバ。
糖分多いのでめったに食べさせないけれど、何かちょっと特別な時にはジュニアに買ってあげるバナナロー不。 ジュニアもこれをしっかり覚えているのでスタバは大好きな場所で、中に入るとわかった瞬間からストローラーの上で大騒ぎ笑。

この日は買い物だけのつもりで家を出てきたこともあり、ジュニアの水を持ってきていなかったので、ジュニアはバナナローフと、キッズミルクもGET☆

午前中のおやつは結構お昼に響いちゃうんだよなーなんて思いつつも、たまにはこうしてふたりで楽しいことしてのんびりするのもいいなーなんて思う。 いつもいいこでいてくれてるご褒美っていうことで。

e0090610_802812.jpg



キッズミルクはいつもあげる牛乳の量よりも多かったので残すかな?と思ったのだけど、バナナローフと一緒にあっという間にたいらげてしまった!

e0090610_813545.jpg




家に帰ってからのランチは心配したものの、しっかりといつも通り食べてくれ、満足してお昼寝へ。

朝も早かったので、いつもより長く寝てくれるといいなーなんて思いつつ、、、無事にブログ更新!
[PR]
by ohayo-canada | 2010-02-28 08:01 | 育児(1歳)
おえかきやシール貼りなどの製作は大好きなものの、ジュニアがいまいちちょっと苦手なフィンガーペイント。

初めてやってみた時は紙の上に出したインクを見てうげって顔をし、こうやってやるんだよって、手にインクをつけてみたら、カラフルな色がついた自分の手を見て大泣き。
その後もなんどかトライしたものの、手に色がつくのを嫌がってなかなか楽しめないでいたのだけど、試しに、、、と思って綿棒を渡してみたら、手につかないように上手に綿棒を持ってなにやら色を楽しみ始めたジュニア。

e0090610_14171422.jpg



綿棒の先に色をつけて、また違うところにちょん、ちょん、ちょんって色をつけて、そんな風にやってみるといつの間にか夢中になり、楽しくなってきた様子。

e0090610_1418245.jpg



綿棒の先についた色もしっかりチェック!

e0090610_1418292.jpg



綿棒の先をチェックするジュニアの表情はまるでペーハー紙をチェックする科学者(笑)


そんなこんなで、ようやくフィンガーペイントができるようになったジュニア。
綿棒を使ってるのでフィンガーペイントとはいわないかもしれないけれど、そんなジュニアはかなりの潔癖症で、最近はフォークの持つところが汚れてしまっただけでもハンカチをフォークに巻いて食べたり、手がちょっとでも汚れてしまったら拭いてって頼むか、お手拭が手元にあればすかさず拭く。
ペンでお絵かきしていても、ちょっとでも色が手についてしまうと洗いに行く。。。

そんなジュニアも今開催中のバンクーバーオリンピック応援中で、Kがテレビに向かってGOGOGOGOGOGO!!!って叫ぶのを覚えたようで、オリンピックが始まると、GOGOGOGOGOGO!!って言うように笑。

オリンピックもあと少し、準備にはものすごーーく時間がかかっていたけれど、あっという間なんだなーと思うところ。

テレビの前での観戦だけど、あともう少し、日本もカナダもがんばれー!
[PR]
by ohayo-canada | 2010-02-25 14:18 | 育児(1歳)
去年から、試しに、、、ということで始めたジュニアのしまじろう。

去年はプチを申し込んでみたものの、ちょっと年齢にあわないような気がして、プチファーストに変更。
プチファーストは1月号からスタートなので実家に届いた1月号と2月号をまとめて送ってもらったのがようやく到着。

コンコン、というノックで郵便屋さんが来て、届いた箱。
この時点ではジュニアはそこまで興味を示さなかったのだけど、開けてみて出てきたのはジュニアの大好きなじまじろう関係のもの、さらに母が一緒につめてくれたお菓子とビーフンを見て代興奮!

キャッキャ喜びながらひとつひとつ手に取り、さらに最近自我が強くなってきて、お菓子なんかをしまわないといけないので、ちょうだいって言うと、大事に両手に抱えてNo!と首を振るほど。

ビーフンは早速その日の夕飯に食べ、お菓子もあまり甘くない感じの和菓子だったのでジュニアにもあげてみたところ、目の色変えて喜んだ(笑) いいなーやっぱり日本のもの、なんて思ってしまう。

また一緒に入っていた節分の豆も、ちょっと1歳児には硬いかな?と思ったのだけど、味見してみたらジュニアでもいけそうだったのであげてみたところ、パクパク食べた! 節分の豆なら塩分も当分もないし、大豆は体に良いのでこれはジュニアのおやつ箱へ。

そんなことがあった次の日の朝、またトントン、とドアのノック。

荷物は昨日届いたし、何だろう?と思ってあけてみると、また郵便屋さん。 そしてかかえている”郵便局”って書いてある箱。 何か届くものあったっけ?と思いつつサインし、受け取って箱を見てみて思い出した!
そういえば帰国したときに、かつて自分が子どもだったときに読んでいた絵本や、幼稚園の先生時代に集めた絵本を船便で送ってもらったんだった!

ジュニアは昨日の時点で、郵便屋さんが来て、この箱が届くと良いことがあるっていうのを学んだようで、箱を開けて、開けて、とこれまた大興奮。
そしてあけてみると、今までそれほど絵本が大好きっていうわけではなかったのに、箱の中にある絵本を一つ一つ取り出してチェック、そしてまた、両手に抱えて逃げる。 片付けようとしてちょうだいっていうと、Noと、首を振る(笑) 

部屋は一気に散らかったけれど、これだけ喜んでもらえれば送ってもらった甲斐もある。

郵便屋さんが来て、荷物を届けてくれて、箱をあけるのって大人の私でもちょっとわくわくしたりするものだけど、子どもにとってもわくわくする楽しいものなんだなーと。

そんなわくわくする経験を沢山させてあげたいなーと思った今日この頃でした!
[PR]
by ohayo-canada | 2010-02-21 09:41 | 育児(1歳)
2004年に初めてカナダに来た時からお店のあちこちでちょこちょこ見かけた2010年のオリンピックのこと。
2006年に再度来た時にはオリンピックへの準備に向けてあちこち工事中。 オリンピックまでに間に合わないんじゃないかなんていう噂も飛び交う中、台風の影響で開会式の会場ともなるスタジアムの屋根に穴が開いたり、強風のためにスタンレーパークの木がメタメタに倒れてしまったり。。。

e0090610_16483423.jpg



いろんな事がありつつも、空港からダウンタウンまでのスカイトレインも予定より少し早く開通し、何とか整ったオリンピックの準備。

工事が進み、行く度にどんどん変わっていった街並み。

e0090610_16492615.jpg



初めてのカナダで、初めてのバンクーバーで一番最初に出会ったホストマザー。 またいつでも戻ってきなさいと言われ、また必ず戻ってくると心の中に決め、2006年にまた戻ってきたあの場所は、本当に沢山の人と出会いと別れ、再会があり、本当に、本当に沢山のドラマのあった場所。

e0090610_1649511.jpg



そこが今、世界の注目を浴びているオリンピックの開催地となり、そのオリンピックが今始まったんだ、と思うとなんとも不思議な感じ。

e0090610_16502041.jpg



ドキドキしながら初めて自分ひとりで乗ったバス、スカイトレイン。

e0090610_16505241.jpg



初めての買い物、家探しや仕事探し。 レジュメを持ってあちこち歩き回ったり、休みの日はカメラを持ち歩いてあちこち写真を撮って歩いたり。

e0090610_16512671.jpg



オリンピックを目の前に自然災害を受けながらも準備を整えたバンクーバーの街にもまた、準備に向けてのドラマがあり、そしていよいよ今まで何年もかけて準備を進めてきたオリンピックがスタートし、また新たなドラマが待っている。

沢山の思い出のつまったあの街で、これから始まるオリンピック。

e0090610_16515763.jpg


e0090610_16522383.jpg


e0090610_16525430.jpg


e0090610_16532168.jpg


e0090610_1653513.jpg


e0090610_1654152.jpg


e0090610_16544370.jpg



観戦はテレビ。
日本のテレビじゃないからどこまで見れるかわからないけれど、日本からの選手の活躍も見届けたい。

e0090610_16551938.jpg


[PR]
by ohayo-canada | 2010-02-13 16:56 | Kelowna Life
親知らず、抜いてきました。


痛くなり始めたのが数日前、前々から出たり入ったりしていた親知らずが時々痛くなったり治ったりしていたのだけど、また痛みが出てきたので、どれどれ、、、と、、、ライトを照らしてみたところ。。。



親知らずに大きな虫歯が(-□-)!!



親知らずが出たり入ったりするのはともかく、親知らずの虫歯だけはさけたかったーーと思うのだけど、すでに遅し。



ということで、平日は仕事でいけないので急遽土曜にやっている歯医者を調べていってきました!




親知らずは反対側は日本で抜いたことがあり、今回虫歯になってしまった方も抜く予定だったのだけど、麻酔をした時点で気分が悪くなり、中止。


そして虫歯を避けるために小さなヘッドの歯ブラシを使ってよく磨くようにしていたのだけど、その歯ブラシを切らして以来、カナダのでっかいはぶらしで、なんとなく奥がよく磨けてないかも、、、なんて思いつつそのままにしたのが大きな間違い。。。


でもまあ、年をとってから抜くよりは、今抜いてしまえばこれ以上親知らずで悩むこともない、、、ということで、ある意味よかったのかな。


歯医者では一応前回麻酔で気分が悪くなったことを伝え視診開始。



まずはいすに座って、助手がライトをつける。。。



はずだったのだけど、ライトがつかない。



あれ?あれ?とかいってるうちに、ドクターがやってきて、ライトのスイッチはここだよって。。。



大丈夫かなーとちょっと不安になるものの、助手が抜くわけじゃないし、まあ大丈夫か、、、と思いつつ、ドクターが視診を開始。



そして開始後、約10秒後、ういーーんって、いすが元に戻った。


視診、終わり? 早いな?と思っていると、


”What happned?”(何が起きたんだ?)っていうドクター。



そして次の瞬間、



「あ、いすを起こすボタン、踏んじゃってた笑!」




だ、、、、、大丈夫だろうか、、、、ここで歯を抜くの、、、とものすごく不安になる。




ドクターも助手もフレンドリーで雰囲気はよいのだけど、、、だ・け・ど!!!
ってことが、カナダではよくある。


そんなこんなしつつ、ドクターが間違ってボタンを押してしまうこと数回。



無事に親知らず撤去。



日本でレントゲンで見た時には、あまり複雑になってないので簡単に抜ける、と言われ、抜いたほうは本当にあっという間にぬけたのだけど、今回は、いすが起き上がったり寝たりを繰り返したこともあり(?)結構時間がかかって終了。



最後に、「骨が邪魔だったんで、取りました」って言ってたけど、あごの骨???


大丈夫なんでしょうか???



とりあえず数日はおいしいものは食べられないけれど、親知らずの悩みからは永遠に開放!



昨日は今日歯医者に行く前に念のためおいしいものを食べるために外食。


ジュニアが初めて外出先でおしっこを教えて、さらにはレストランのトイレでおしっこができた日、でした!
[PR]
by ohayo-canada | 2010-02-07 10:37 | Kelowna Life
現在20ヶ月のジュニア。


二人目妊娠、、、、などしてないのですが、何故か赤ちゃんがえり気味のここ最近。


自分でも食べられるのに、あえて食べさせてもらったり、歩けるのにハイハイしたり。



最近家の中ではすっかりおむつがはずれてパンツでも過ごせるようになったのだけど、それが原因なのか?それとも何となくちょっと赤ちゃんみたいにしてみたくなってしまったのか?


はっきりした原因がわからないのだけど、気になるところ。



1歳になって、歩き始め、言葉が出始め、スプーンとフォークが上手に使えるようになって一人前に家族に加わって一緒に食事ができるようになり、時間になったらベッドに行ってひとりで寝られるようになり、さらに細かいこともいうと、ゴミをゴミ箱に捨てることができるようになり、食べたものを流しに持っていくことができるようになり、洗濯物を洗濯機の中に入れることができるようになり、助けは必要だけど手洗いとうがいができるようになり、コップから水が飲めるようになり。。。
そしてまだまだ寝るときはオムツだしオマルでしかできないけれど、昼間家の中ではオムツがはずれてパンツで過ごせるようになったここ最近。

トイレトレーニングを始めてからは昼間のおしゃぶりも自然にはずれ、泣いて欲しがることがなくなった。

手が汚れたら、ちょっと前まで泣いて拭いてと頼んでいたのに、最近は、これは洗いにいかないといけないっていう判断が自分できるようになり、「じゃー」と言いながらバスルームに自分で走っていく。


こうして振り返ってみるとこれ以上ないっていうくらいいろんなことができるようになって嬉しい限りなのだけど、もしかしたらまだまだ甘えたい時期なのに”自立”させすぎてるんじゃ?と心配になったりもするところ。


いろんな子がいるけれど、ジュニアはある意味扱いやすい子供で手がかからない。
いけないことがあっても言えば大抵いこうことを聞く。


良い子のように見えるけれど、手のかからないっていうのが実は落とし穴だったりして、と思ったりもする。
自分でできるようになったから、自分でさせてあげたほうが良いと思い、何でも自分でさせる。

でも本当はまだまだもっと甘えたくて、赤ちゃんみたいに扱って欲しいのかなーなんて。


とりあえずは見守りつつ、食べさせて欲しい時には食べさせてあげ、ジュニアと遊ぶ時間をいつもよりも増やしてみよう。。。
[PR]
by ohayo-canada | 2010-02-03 15:50 | 育児(1歳)