<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

最近結婚したKの友達カップル。 新居家具として新しいソファを買ったそうで、今まで使っていたお古をもらうことに。 それと同時にリビングの模様替え。

部屋の模様替えは同じ場所に住みながらも部屋の雰囲気が変わり、気分転換にもなる。
またおもしろいのは、一晩寝たりすると模様替えの事を覚えていながらも一瞬忘れ、リビングに入りソファに座ろうと、ついソファが元あった場所に体が向いてしまう(笑)

過去に実家で模様替えをし、電話の位置を変えたとき、電話がリーンと鳴り(まだダイヤル式の古いタイプ)、電話に出ようと電話が元あった場所へ走って行って行き、「違うよ、電話あっち!」なんて事もあった(笑)。

新しいソファはSumbucaも気に入ったようで、新しいソファがリビングに着てからほぼ半日ソファの上で跳ね回っていた。 背もたれの上からジャンプして顔から着地したり、クッションの隙間に頭を突っ込んで頭が抜けなくなったり、まるで子供のよう。

e0090610_4485613.jpg


e0090610_4491558.jpg



後ろ姿が「私今忙しいんですっ」みたいな感じで可笑しい。

e0090610_4493586.jpg


e0090610_4501878.jpg



一通り遊んだ後は毛づくろいしてお昼ね準備。

e0090610_451498.jpg



そしてさらに夜中にはリビングの方からドサッてSumbucaがどこからか落ちるような音が・・・興奮しすぎたか模様替えしたことを一瞬忘れてどこかからか落ちたか・・・(笑)
[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-30 11:33 | Kelowna Life
以前バンクーバーで作ったショートブレッド
過去のブログにも書いた通り、ミックスを使ったにも関わらずあの時は大失敗。。。
原因は多分オーブンが古くて温度調節が難しかったこと。

同じミックスが家にあったのでもう一度ショートブレッドに挑戦してみる事に!
Kに前回の失敗談を話すとボロボロと失敗した原因も出てきた。
焦げた原因はオーブンではあるけれど、味が変なだったのは他にあり。
ひとつはバターとかいてあるのに柔らかい方が良いと自己判断してマーガリンを使ったこと。
もうひとつはクッキングシート。 説明書には"Baking Sheat"と書いてあり、いわゆるクッキングシートのことだろうと、でも買い物に行ってもそのようなものが見つけられず、"Wax Paper"というものを購入。 そしてその上に生地を置いて焼いた。。。そして変な味になった。。。

今回は説明書の通りバターを使用。
またBaking Sheatはなかったのだけど、代わりにアルミホイルを使い、くっつかないようにスプレータイプの油を使用。 
つまり説明書に忠実に作ってみた。。。

そして成功!

e0090610_513677.jpg



今回は見た目も味もばっちり。 お菓子作りも成功すれば嬉しいもの^^
[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-30 05:01 | Recipe
5年から6年に1回しか見られないという月食。 

ケロウナ(バンクーバー)時間の午前0時スタート予定で大体2時くらいまでと予測されていたらしく、情報をGETしたKが昼間仕事中なのに電話をかけてきて、今日は2時まで起きてるんだよ!って。 なので夕飯は遅めに。。。

12時くらいから外に出て月を見ながらスタンバイ。 だけどなかなか始まらず・・・Sumbucaを散歩させたり、コンビに行ったりしていたものの1時になっても何も変わらず満月のまま。

今日じゃないんじゃないの? と思ったけど、ネットで調べてみてもやっぱり今日みたい。

そして午前2時頃、もう一度外に出てみると・・・

e0090610_636126.jpg



満月の上の方が少しかけている!!

ケロウナは夜はもうすっかり寒いので、パジャマのズボンの下にスパッツはいて、ダウンジャケットはおって、ブランケットをひざにかけて、カメラを持って庭の椅子に座って月食観測開始。

午前2時から始まり、満月がすっかり隠れるまで約1時間。  午前3時には月はほとんど見えない状態に。

e0090610_6364869.jpg



日食の観察は小学校の時にした事があるような覚えがあるけれど、月食をここまでしっかり見たのは初めて。 しかもケロウナの空は流れ星が多く、月食していく月を見ていると横で流れ星がさーっと通り過ぎていく。 

変わっていく月の色を見ていると・・・ ”月を見ている”というよりは”宇宙を見ている”気分になる。

明るく輝いていた月が、1時間後にはすっかり明るさをなくし、奇妙なオレンジ色になる。
ちょっと不気味な色だけど何か綺麗。

そういえば満月の日。
この日は人間の攻撃性が高まるらしく事件が起こりやすいらしい。 また生理も満月の日は来やすいらしい。
またちょっと調べてみたら、事件だけでなく大きな地震も満月の日に来やすいのだとか・・・!?
関東大震災をはじめ、そのほかの大きな地震も満月の日にあたっているものが多い。

だから満月を見ると狼男が狼に変身するのか。。。

地球だけじゃなく宇宙も含めて、自然の力って不思議、というか凄い。

e0090610_6371872.jpg


e0090610_6374216.jpg


e0090610_638039.jpg


e0090610_6381755.jpg


e0090610_6383583.jpg


e0090610_63984.jpg



相棒のカメラも大活躍!!
ブログに載せる写真は縮小しないといけないから消えちゃったけど、写真には月の周りにある星もしっかりうつっていた!

スライドショーでみるとさらに迫力あり!
[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-29 06:35 | Kelowna Life
畑の野菜を見に行くと、、バターレタスの中に何やら赤いものが。。。

よ~く見てみると・・・・・・・・・

e0090610_944237.jpg



てんとう虫!
カナダは湿気がなく、気温も日本に比べたら低めなので基本的にゴキブリはいないし食べ物のカビも生えず、畑に虫も少ない。 いるとすれば雑草の陰に隠れている団子虫かクモ。

でもよく見てみたら・・・すぐ横にあるひまわりにてんとう虫が何匹かいた。
いつのまについたんだろう?

でもちょっとかわいい。
[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-28 09:44 | Kelowna Life
e0090610_12313196.jpg



たっぷり太陽を浴びて育っている庭の畑の野菜たち。
そこから収穫したバターレタスとひまわりの種で作ってみたサラダ。
ちょっとにぎやかにするためにサラミと卵を加えてみた。 トマトが熟れたらトマトも混ぜたい。

卵、サラミ、野菜をお皿に盛り付け、ひまわりの種を散らし、塩少々とパルメザンチーズで味付け。 さっぱりしているので夜のうちに作って冷蔵庫で冷やし、朝ごはんにも良いかも。 さっと食べられて卵の栄養と野菜のビタミンをしっかり吸収♪

バターレタスの甘みとひまわりの種の歯ごたえが溜まらない!
サラダにはクルトンやポテトチップス等、歯ごたえのあるものを混ぜるのが好き。

食欲の秋です♪
[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-27 12:31 | Recipe
ケロウナに来て初めて行ってきた教会。
かつて子供の頃から日本で行っていた教会はバプテスト。
パンフレット上にあるバプテスト教会を幾つかピックアップし、一番近いところへ。
でも一番近いといっても徒歩30分。

行きは丁度Kが仕事に行く時間と同じだったので近くまで送ってもらった。
自分が行っていた教会よりは大きな教会。 多分3倍くらい。
教会、というと大抵日曜の朝は入り口のドアが開いてるのだけどここの教会はしまっていて、入り口かな?と思ったドアノブを引いてみても鍵が閉まっている。
そこに丁度くるまでやってきたおばあさんに聞いたら、一緒にいらっしゃい、と言われ案内してくれた。 自己紹介して日本でバプテスト教会に行っていた事を話すと、中に入ってからも知り合いのようにいろんな人に紹介してくれた。 
教会は大抵お年寄りが多い。 そしてここの教会も。 前の方に座ってた何人かのティーンと、幾つかの家族と、沢山のお年寄りの方。 案内してくれたおばあさんが親切にこっちにいらっしゃい、といい私もついていくのだけど、一度目をそらしてしまうとどの人だったかすぐにわからなくなる。 髪の白い人、、、って思ってもみんな白い。 眼鏡をかけてる人、、、と思ってもみんな眼鏡かけてる!! 
でもここでは日本人は私だけ、なのでむこうがすぐにまた私を見つけてくれた。

何から何まで面倒見てもらい、最後は雨が降ってるからといって家の近くまで車で送ってくれた。 彼女の旦那さんはカトリックの人で、毎週日曜、夫婦で別々の教会に行くのだそう。

また他の人、彼女は今朝クモをつぶしてしまったらしく、それについて淡々と語っていた。 

日本とカナダの教会の違いは、音楽、楽器。
日本で私が行っていた教会はオルガンとピアノ。 だけどカナダで幾つか行った教会、今のところ見たところオルガンとピアノに比べて大抵ドラムのセットがある。
そしてネクタイしてスーツきてる人がドラムをたたく。

もう少し近くに行ける教会があるといいなーと思うけれど、人々もみんな良い人、また行ってみよう。

e0090610_424145.jpg


[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-27 04:24 | Kelowna Life
2004年に初めて降り立ったカナダ。 
それ以来旅行で何度か行き来し、そして2006年でのワーホリ。

溜まらなければそれでもよし、でも溜まればラッキーと思って溜め始めたエアカナダのアエロプランでのマイル。。。どうなったかなと思ってチェックしてみたら、、、冬に10日間オープンでバンクーバーと東京を行き来できるだけのマイルが既に溜まっている!!

マイルを溜め始めてからエアカナダを利用したのはバンクーバーと東京の往復と、バンクーバーからケロウナまでの航空券。 溜めれば溜まるもんなんだなーと実感。 実際に溜まるとやはり嬉しい。

マイルと言えばもうひとつ。 
日常の買い物などで溜められるエアマイル
ウェブサイトから簡単に登録完了で年会費や入会金など一切かからない。
マイルはSAFE WAYなどでの買い物のほか、病院からの処方箋で薬を買う場合もSAFE WAYの薬局コーナーにマイルのカードも持ってい行けば溜めることができる。
処方箋での薬は保険にカバーされているので実際に払う金額は小さなものでも保険が利いてない状態の薬の金額でマイルが溜められるらしく、Kはそれでかなりのマイルをため、新しいステレオなんかを時々GETしている。 次は日本に行くためのマイルを溜めるそう^^ でもその前にカナダ国外に出たことがないそうなのでパスポートを作らないとだけど。。。
このマイルは航空券にも変えられるそうなのでマイルのカードを作っておくと便利かも。

SAFE WAYやSave on Foodなどでの買い物もやはりカードを作っておくと合計金額はかなり変わる。 特にSAFE WAYは、メンバープライスがあるのでSAFE WAY カードを持っているだけで$25の合計が$20くらいになったりする。 $5は大きい。 10回買い物したら$50の差にもなる!
カードは住所と電話番号があればカウンターで即作ってもらえるので是非オススメ。
[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-26 08:11 | カナダ情報
庭の畑から収穫したひまわりの種とヘーゼルナッツ。

ヘーゼルナッツは先日殻を剥いてオーブンで暖め食べられる状態にした。
またそれを調理してくれたのはついこないだまで一緒に住んでいたKの友達D。 DもKのシェフ仲間でデザート、特にチョコレート専門のシェフ。 そしてそのDが作ってくれたのは…

e0090610_964842.jpg



ヘーゼルナッツのチョコレート! まわりはパリパリしてて、内側はとろけるチョコレートがたまらない!

またさらに出来たのはひまわりの種。 一晩塩水につけたあと、オーブンで2時間。 
そして殻を剥くこと約2時間・・・

ひまわりの種のおやつの出来上がり!

e0090610_97473.jpg



味は塩味が利いて、いわゆるお店で買うひまわりの種のおやつやナッツに混ざっているひまわりの種みたいな味でおいしい。 

チョコレートはワインと一緒に、ひまわりの種はビールとよく合いそう。

e0090610_975058.jpg


[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-25 09:08 | Recipe
何かの成長をみるのっておもしろい。
そして、それが自分の育てたものだったりするとさらに嬉しい。

だから幼稚園の先生の仕事も好きだった。 
個人的な事情で一度やめたものの、やっぱりどうしてもその職に戻りたいと思っていたところ、また同じ幼稚園から戻ってきて欲しいと声がかかり、1年だけという事でまた幼稚園の仕事に戻ることができ、自分たちが受け持った子達も無事に卒園し、満足してこの職業を離れた。 

”幼稚園の先生”という仕事はとてもやりがいがある。  だけど共に自分の自由はかなり少ない。
幼稚園に子供たちがいるのは朝から午後の早い時間までだけど、それで終わりではなく、部屋の掃除から園庭の掃除、職員会議と一日の報告、記録、次の日の計画、行事計画、それに関する会議、あっという間に夜になり帰宅。 それでも終わりではなく、いつも大抵週案やらクラスだより、園だより、工作準備etc...いつも必ず何かしら仕事を持ち帰っていた。 そして一日が無事に終わってやっと睡眠につき、朝になったらまた子供たちがやってきて次の新しい一日が始まる。

また休みの日も、外出をすれば大抵誰かに会い「せんせーっ!」って声をかけられるか、誰にも会わなくても後日「先生この前イトーヨーカドーで見ましたよ~」とか言われたりする。 ”幼稚園の先生”は仕事、だけど、子供たちからしたらいつどこで会っても24時間先生。

こんな大変な仕事ではあるけれど、それでもやっぱり好きだったのは子供たちが成長してくれること。 入園した時は毎日のように泣きわめき、言葉がうまく使えず感情表現は「ぶつ」「かみつく」「つねる」、だけど泣いたり笑ったりの1年を過ごしていく中で、次の春が来る頃にはちゃんと言葉で意思表現が出来るようになり「入れて」「いいよ」「だめ」「ごめんね」「ありがとう」が言えるようになる。 しっかり者の女の子は、それが出来ないお友達に対して、言葉で話を聞こうと努力する子もいる。

また、「愛情を注ぐこと」と「甘やかす」事は似ているようで全然違う。
愛情を注ぐことは、相手を満足させること、だけど何でもかんでも許してしまうのではなく、社会の中で生きていく上で必要なこと、いけない事と良いことの区別、必要な事はしっかり教えていなくてはいけない。 それが親の役目であって、教育者の役目でもある。
いけない事を教える時も「怒る」のではなく「叱る」こと。 感情で怒っても大事な事は伝わらない、なので何でそれがそんなにいけないのか、理由もしっかりつけて教えることが叱ること。
そういえば犬のしつけもちょっと似たところがある(笑) 
感情で怒っても、相手には「いやな感情」というものだけが残り、大事な部分は伝わりにくい。

またおもしろいのは、たまに3歳とか4歳の子が会話の中で「昔はね、」なんて話してたりする子もいる。 昔って、あなたまだ生まれて数年でしょう(笑) でも自分も子供の頃、大人の人にそんなようなことをつっこまれたことがあるような気がする。 ほんの半年1年前のことでも、子供にとっては昔。

幼稚園も今ではいろいろあり、英語やら数字やら、「お勉強」に力を入れている幼稚園も多く出ているけれど、お勉強は小学校に行ってからいくらでも出来る。 小学校に行くまでは、まずは、「人との付き合い方」、「生きること」、もっと大事なこと、遊びの中から学ぶ沢山の事を経験しないといけないんじゃないかなって思う。 
勉強は大人になってからでも出来るけど、砂場で遊ぶのは大人になってからではもう出来ない。 どろんこになって遊ぶことがどれだけ大事なことか。

また子供だけでなく、動物や植物の成長を見るのもおもしろいもの。
Kもそれがおもしろくて畑を作り始めたのだそう。
私も世話好きだけど、負けないくらいKも世話好き。
だから野菜もよく育ち、猫のSumbucaも溺愛ぶり。 日本で飼っているうちの猫は、ただのネコ、だけどSumbucaはおもしろい。 人の言葉を理解し、リードをつけて散歩もする。 表情も豊かでSumbucaの考えてることも何となくみえる。 それもきっとKがずっと大事に育ててきたからなんだろうなーって思う。 さらにトラックやバイクのモーターの音も好きで、外を通ると見えなくなるまで耳をすませてじっとみていたりもする。 
Sumbucaは本当にユニークな男の子。

e0090610_4181443.jpg


[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-25 04:34 | つぶやき
数日前から収穫し始めた庭の畑の産物。

雑草抜いたり、スプリンクーラーまわして畑に水をやったり、倒れそうなトマトの枝を倒れないようにひもで縛ったり、、、実際に手入れをして、そして収穫した野菜たちを見ると、本当に自然の恵みだーって実感する。 小学校の授業の一環で、裏庭に田んぼを作り、田植えをしてお米を収穫した事はあるけれど、”畑”の手入れをしてそこから野菜を収穫するのは初めて。

知識はないけれど、便利な世の中、役に立つのはインターネット。
野菜の育て方から手入れの仕方、収穫、種のとり方、料理の仕方まで、いくらでも情報はあされる便利さ! いつの間にこんな便利なものが普及したんだろうって思う。
誰がこんなに沢山の情報を提供しているんだろう、と思うけれど、ブログを書いてる自分も情報発信者のひとり、と思うと何か変な感じ。

庭の畑は野菜が育った後はひたすら収穫、今はまだ収穫途中の段階だけど、全ての収穫が終わった後には畑を一度耕し、肥料を作る。
肥料はひっこぬいた雑草やナッツの殻、卵の殻etc...自然廃棄物を畑の横のほうに集め、来年の春の準備の時に全てを混ぜて畑を耕すのだそう。
e0090610_6101730.jpg



かぼちゃもどんどん大きくなる。 このかぼちゃはハロウィンの時に使うのだそう!ハロウィンもまた楽しみ!
e0090610_6103977.jpg



この前収穫したナッツは、全て殻を剥き、
e0090610_6105750.jpg



オーブンに入れる。
e0090610_6111891.jpg



そのまま食べてもおいしいし、ケーキに乗せてもかわいいし、クリームとヘーゼルナッツの組み合わせがなんともいえない良い甘さ!
e0090610_611343.jpg



まだまだ沢山あるのでこれからLatteやチョコレート、これからいろいろ試してみる予定♪

ひまわりの種はひとつひとつ全て取った後、塩水に一晩つけた後、殻を剥き、調理するのだそう。 
e0090610_6115277.jpg



自然の恵みから収穫される食べ物たち、食べ物の収穫と共にするもうひとつの事。 それは種集め。 それぞれの植物からしっかり為も取り、乾燥させて種の名前を書いた封筒に入れて次の春まで保存する。 

今回取れたのはPea(エンドウ)。
e0090610_6121395.jpg



そしてこの庭の畑、自然の恵みから出来たディナー。
覚えきれないほどのハーブやら何やらをまぶし、オーブンで焼く。
添えてあるキャロットは先日庭から取れたもの。 見えないけど庭から取れたレッドオニオンも混ざっている。 さらに庭の畑にあるハーブ、ミントをまぶし、たっぷりのバターとハニージンジャーをからめる。 
本当に自然から生まれた食べ物で、嬉しい気持ちと共に、本当においしかったー!
e0090610_6123111.jpg



私はギョーザや肉じゃが、牛丼etc...日本の食べ物は作れるけどこういったしゃれたものは作り方からしてノーアイディア! なのでKが料理する作業を近くで見ているのもまたおもしろい。 
庭からハーブを取ってきて料理に使うKを見て、そういえば昔は母が庭からしその葉を取ってきて料理に使ってたなーって思い出したり。 しその葉、、カナダでも育てられるなら育ててみたい。
[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-24 06:14 | Kelowna Life