<   2006年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今朝は曇り空だったものの、また午後から雪が降り始め、夜には吹雪いた。
そしてまたもバスを待つこと40分。。
もう本当にありえないバス。。。

また風も出てきたので降っている雪だけでなく、木や屋根に積もっている粉雪も風邪に舞って真っ白な風が舞う。
また、バサバサーっと木から落ちる雪。
森の中みたい・・・とふと思った。

またマイナス10度前後まで気温が下がったバンクーバー・・・だけど聞くところによるとMontrealではプラス10度もあるのだと!!
普段降らない雪がバンクーバーに訪れ、普通なら0度まで下がるか下がらないかの気温のはずなのに11月からマイナス10度まで下がってしまったり・・・また、水の問題と言い、バスの問題と言い・・・最近のバンクーバーはおかしいね・・・と既に3年バンクーバーに住む同僚が言っていた。

一度は晴れたものの、また降り始めた雪・・・今年はこのまま雪に囲まれた冬になるのかな?


e0090610_153491.jpg


e0090610_15345297.jpg


[PR]
by ohayo-canada | 2006-11-30 15:35 | Vancouver Life
今朝バスを待っている時、ふと北の方を見ると・・・キラキラ光る真っ白のとがった山々!
おおっ!カナダだ!!とまた感動!
朝日の下でキラキラ光る真っ白な山、この写真を撮りたかったのだけどうまく撮れなかった・・・
やっぱり携帯のカメラではそこまで遠くは捕らえきれないか・・・。

でもまた飽きずに沢山写真を撮った!
半年間住んできた街なのに雪が降って景色が変わり、何だか新しい街に来たみたいに新しい風景に興奮する。

e0090610_14542223.jpg


e0090610_14544853.jpg


e0090610_14561266.jpg


また、一番下の写真は雪の重みに耐えられなくて倒れてしまった木。
雪に包まれた木々はキラキラ光っていてとても綺麗、だけどこの寒さの中痛そうだな・・・と思ったり。 この寒さは本当に痛い。 顔も痛いし喋ると口の中も冷たくなる。 マイナス5度やら10度やら、初体験の気温にちょっと興奮してる部分もあったけれど、だんだん真剣にこの寒さが辛くなってくる。。。今朝はバス2本にスルーされ、マイナス7度の中40分待ったあげくようやくバスに乗れた・・・けれど、途中駅でここから先は行かないから後ろのバスに乗り換えろと一度全員降ろされ・・・いつもより早く家を出たのに会社は遅刻。 でもバスを待ってる間に沢山写真が撮れたから良しとするか。。。でも寒い。。。
[PR]
by ohayo-canada | 2006-11-29 15:01 | Vancouver Life
先週は雨のせいで水道水がおかしくなりまだ完全回復はしていない。。。
そして次は雪。
まだまだ続く雪ネタ、自然災害ネタ。
自然災害がニュースになってるあたりある意味平和ではあるけれど。。。

今日は昼間からマイナス5度くらいだったみたい。
木の枝が折れたり、今日は木ごと折れて建物に寄りかかってしまってる状態のものも見かけた。 カメラもかばんに入ってはいるものの、マイナス5度となるとさすがに自分自身にも余裕がなくなりとりあえず目的地へ。
バスを待っていると、カナダ人のおじさんが、雪の重みで屋根が壊れるから建物の下に入ったほうがよいよと教えてくれた。 またあちこちでつららも出来てるのでそれが落ちてくるのもまた怖い。

また、今朝は個人的に雪災害にあった。。。というのは、、、雪景色に惑わされて道に迷った(苦笑)
雪の為のバスの遅れと混雑でいつものバスに乗れなかったので別の番号で会社の近くに行くバスに乗った。 だいたいどの辺で降りればよいのかも分かっているはず。。。だけどバスを降りてから、、、雪に包まれてしまった街の中会社への道が見つけられずしまいにはマイナス5度の大雪の中自分がどこにいるのか分からなくなり、思わず会社に先についている友達に電話してしまった(恥)

街が雪にすっぽり包まれると、本当に景色が変わり、何だか違う街に来たみたいな気分にもなる。 外を歩く時は寒すぎるのでとにかく歩いて前に進むことで必死だけど、バスの中からは景色も楽しめる。
今朝は真っ白に包まれた木々の向こうに薄ピンクの空が広がり、思わず鳥肌がたった。
綺麗。。。

カナダの家々もこれまた雪が良く似合う。
クリスマスの飾りがしてある家なんかは特にかわいい!!
まだまだ下がる気温、今日明日はマイナス12度まで下がると。。。
これだけ寒いと息苦しかったりもするけれど、傘を持ってぬれるわずらわしさがない事を考えると寒くてもやっぱり雪のほうが良いかも?

e0090610_14442828.jpg


[PR]
by ohayo-canada | 2006-11-28 14:44 | Vancouver Life
カフェの仕事を終えて、家に帰って気温を調べてみると・・・既にー3.2まで下がっていた!
カナダの他の地域に比べたら暖かいほうなのかもしれないけれど、マイナス3度は人生の中で既に初体験!!興奮しつつもガタガタ震えながら帰ってきた。

バスを降りた瞬間速攻震えるくらい寒い。 しかも雪は2晩降り続いているのでかなりの勢いで積もっている。 夜は人が少ないせいもあり歩道にも沢山積もっていて、足がすっぽり埋まった・・・というかまだまだ降り続いているけれど既に深いところではスネのあたりまで積もってる!
また、天気予報を見ると、水曜までは最高気温0度で夜はやっぱりー9度。。。
しかも家に入ろうとしたら門が凍ってて動かない。。。なので裏口から家に入った。
大きな木も雪に耐えられなくなって大きな枝ごとばっさり落ちていた。 これってもし下に人がいたら殺人的だよな、、、と思ったり。。。

だけど不思議な事に、今ここまで気温が下がってはいるけれど、体感温度で言ったら東京の真冬のほうが寒いような気もする。。。
東京、気温はカナダほど下がらないけれど、何故か以上に寒い。。。なんで日本なのに寒いんだ(怒)とオンタリオ出身のカナダ人がつぶやいていたのを思い出した(笑)

寒いのは好きじゃないけれど、人生初体験のマイナス気温、何処まで下がるかしっかり見届けよう。。。
[PR]
by ohayo-canada | 2006-11-27 18:14 | Vancouver Life
昨日の午後から降り続けている雪、次の日の朝起きても、お昼になっても、まだまだやむ雰囲気もなく雪が降り続いている。 今日もカフェの仕事、だけどこれじゃあいくら日曜でもお客さん少ないだろうな~と思う。

仕事までの時間には余裕があるので早速セーターにダウンを来て、厚手の手袋に帽子をかぶり、デジカメとボーダフォンのカメラを両方のポッケに入れてブーツを履いて出歩いてみた!
子供達も雪遊びしてるかな?と思ったけど、意外に静か。
外で雪遊びしたくても多分お母さんに雪がやむまで我慢しろと言われているのか・・・?

雪は思った以上に積もっていて、人の歩かないところは既に5cmくらい。
きしきしと音を立てながらカメラを持ってしばらく歩き続けた。
しっかり防寒して出たものの、やはり寒い、そして静かで誰も外に出ていない。 かろうじて2~3軒雪かきを始めている家があった。

よく見ると、まだ紅葉が終わってない木もあるのにもう雪が積もってしまっていたりもする。
紅葉が残っているのに雪をかぶってしまったこの木は混乱してるんだろうな~と思う。
また、こういった中途半端な事が起こると地球の生態系も崩れていくのだという恐ろしい事も聞いた事がある。

e0090610_6454970.jpg



景色は歩いても歩いても見えるのは、ひたすら白い雪と家。 歩いていると"Prince Edward"という道の名前を発見!


e0090610_6485016.jpg



そう言えばバンクーバーのある地域にはカナダ国内の州の名前が道の名前になっている場所があり、他に"Ontrario"、"Quebec"、という道もある。自分の住所にOntarioとかQuebecとかあったらいいのにな~などと思ってしまったりもする。

雪はいつまで降るのか??
天気予報では明日の気温は恐るべしー7度、バンクーバーは暖かいと思っていたのはどうやら間違いだったみたいな気がする。。。。。。。充分寒い!!


e0090610_6544487.jpg


e0090610_655722.jpg


e0090610_6552468.jpg


e0090610_655504.jpg



また、明日の夜はー7度、火曜はー9度という事に気づいた*****
バンクーバーの天気予報はここでチェックできる。
[PR]
by ohayo-canada | 2006-11-27 06:56 | Vancouver Life
バンクーバー、ついに雪が降った!
カフェの仕事に行こうとのんびりバスに乗っていると・・・窓の外になにやらちらつくものが・・・
何だろう?と思ってよく見てみると・・・なんと雪が降っていた!!
しかも仕事中ずっと雪は降り続き、日曜午前1時の現在もまだまだガンガン降り続いている。

クリスマスツリーや飾り、窓に書いてあるクリスマスの絵の向こう側に雪景色が見えるのは本当に綺麗だった! Ohh Canada!!って感じw まだ11月だけど景色はまさに"White Christmas"って感じ♪
"It's snowing!!"というニュースと同時にカフェ出勤^^
その後も大人気なく雪にはしゃいでしまい、今日一緒に働いたカナダ人のおねーさんに何度も"It's snowing hard!!" "It's still snowing" と言い、そのたびに冷静に笑いながら"I know~~"と言われ続けて働いた今日。
今日は雪のせいかお客さんも少なかった。 "Today is quiet"というとまたおねーさん”I know~~" 彼女は大人だ。

カフェの仕事が終わり、帰る時にはいい具合に雪が積もっていた。
また、雪が降って景色が変わり、バスを降りると一緒に降りたカナダ人のおじさんが、住みなれてるにも関わらず雪景色に惑わされて降りる場所を間違えてしまったよ~と(笑)
確かに雪が降ると景色も全然変わる!

e0090610_17335643.jpg


e0090610_17343855.jpg


e0090610_17351257.jpg



↑雪の上に"Ohayo-canada"と書いてみた^^
[PR]
by ohayo-canada | 2006-11-26 17:36 | Vancouver Life
夏も何となく涼しく、強い日差し以外はあまり暑いと感じないバンクーバー。
今年は前年よりも全体的に気温が低いらしい。 その代わり、水問題はまだあるものの、寒い分雨の量は少ないほうだとか。

雨の日は多少気温も上がるけれど、晴れの日は本当に空気が刺さるように寒い。 しかも風邪があるのでもれなく寒さ倍増(苦笑)

そんな中、、、天気予報を見ると。。。
週末には雪が降るかもしれないと。
しかも来週月曜あたりの気温がー7度まで下がるらしい※※※

家に帰ってオーナーに言うと、それバンクーバーの天気予報じゃなくて間違えて違う地域を見たんじゃないの?と。 
バンクーバーでは雪が降る年もあるけれど、降らない年もあるみたい。
また、桜の開花は東京よりも早いので、全体的な気温も東京より暖かいんだろうな。。。と思ってやってきたバンクーバー。
とんでもない(涙)

11月からダウンジャケット着てもバスを待ってる時なんかはガタガタ震えるほど寒い。
東京での最低気温も低くてー2度辺り。。。
-7なんて想像もつかないけれど、ある意味良い経験でもあるか?
でもなんだかんだと言って結局そこまで気温も下がらないかもしれないし。。。と楽天的に考えてみたり。。。

でも外は寒くてもカナダは家の中がぽかぽかしてるので暖かく、薄着でうろうろ出来る。
やっぱり寒い国だからなのかな~。
[PR]
by ohayo-canada | 2006-11-25 17:05 | Vancouver Life
バンクーバーに来て出会った友達。 不思議な事にその半分以上が大阪出身。
今の会社も東京の人もいるけど、片手で数えられるくらい。 あとは関西出身のひとたち。
関西弁にかこまれたな~と思いながら仕事をしていると、、、最近入ってきた関西のこがふと言った言葉、
「やばい、うち東京人にかこまれたわ」(笑)
いやいや囲まれたのは私のほうだって、、、とまた言い返す(笑)

また、彼女の中で東京人は静かで真面目だと、、、だけど言われたのは「ohayo-canadaさんは東京の言葉でよう喋るな~」と(笑)
東京の言葉とか気にした事なかったけど彼女にとってはおもしろいみたいで、「うちも東京弁喋るで~」といい、喋り始めた。。。けれど最初のヒトコトで他の同僚がつっこんだ。。。「いやいや言葉が東京でも"音符"が違うんだって(笑)といいいながら東京弁教え始めた。

またさらに別の関西出身の同僚M、ちなみに彼女は関西に生まれた事を誇りに思っているという。 なので関西色もいろんな意味で強い。
おもしろいのは、彼女が喋った後、例え英語をしゃべっていても関西っぽい、というかどうしても関西弁が頭に残る。 彼女のちょっとした突っ込みはいつも大爆笑でおもしろい。

彼らに言わせると東京の言葉はテレビみたいだと、、、だけど東京人の私からすると関西弁がテレビみたい(笑) 同じ日本語なのにおもしろいな~と思う。
さらにおもしろいな~と思うのは自分の言語以外に英語も話せるにもかかわらず、、、関西弁はどうしても真似できない。 やはり”音符”がちがう。
また彼らも東京の言葉は真似してもやはり自分の地域の言葉の”音符”が残ると。

そんなやりとりがまたおもしろい。 「wちゃん本当におもしろいね~」と言うと、「関西人は人を笑わせてなんぼやで」と(笑)
彼女いわく、常に人を笑わせる事を考えているという。 だけど彼らにとって厄介なのは天然人で、せっかく計算しておもしろいところまで持って行っても、最後に天然の人が無意識に言ったヒトコトで笑いを全部持っていかれるのだと(笑)

彼らと話してると本当に笑いが止まらない。
こんな面白い人たちにもカナダに来ないで東京にいたら出会えなかったな~と思ったりもする。
日本に帰ったらそれぞれの地域に戻ってしまうのが寂しい。
[PR]
by ohayo-canada | 2006-11-24 15:24 | Vancouver Life
久しぶりにフランス語のテキストブックを開いてみた。
最後のレッスンは約10日前、次のレッスンも忙しすぎる為今は保留にしてある。
新しくカフェでの仕事も始まり、仕事を覚える事が先・・・と思いつつフランス語を放置していたけれど、やっぱり少しでも触れないと忘れるな~と思ってテキストを開いてみた。
毎日使う英語ならともかく、日常生活で耳にすることすらないフランス語、忘れるのは簡単だな~と思う。

フランス語のレッスンでいつも貰う宿題はテキストの音読と横についている練習問題。
内容は中学の時の英語の教科書みたいな感じ。 "Mike and Julie"がフランス語のテキストでは"Mike et Julie"みたいな。
そういえば中学の英語の授業で友達が教科書を音読し、”Mike"(マイク) を”ミケ”と読んで爆笑したのを覚えている。
また外国人講師の先生の授業の時に、何にも話を聞いていなかった男子があてられ、"What do you like?"と聞かれ、後ろに座っていたほかの奴が"Yes I doだよ”とささやいたところ本当に"Yes I do"と答えたりとか(笑) 授業の内容は覚えてないのにそんな可笑しな事だけはしっかりと覚えている(笑)
英語もあの頃は"I have a pen"で精一杯だったんだよな~と思う。

フランス語はとりあえず教えてもらったページは音読が出来、そこに出てくる言葉と文法は理解しているレベル。 だけど実際に日常生活で使えと言われると何も言葉が出てこない。
こんなのしゃべれるかっつーの、、、と思いながら音読してみた。
音読は出来るけど、読まないと何もまだ喋れないんだな~と。。。
でもそういえば英語も最初はそんなもんだったか。。。
でもいつどうやって喋れるようになったのか・・・?
考えてみるけどよく覚えていない。
最初は喋れなかったけれど今は喋れる。
言葉って不思議。
[PR]
by ohayo-canada | 2006-11-23 15:24 | Vancouver Life
カナダで生活、仕事を始めて7ヶ月目。
いろんな面で”CANADA"を見てきた。

最初の仕事は老人ホーム内の日本食レストラン、英語で接客と言ってもオーナーが日本人だったのでやはり日本の文化が理解される仕事場。
次の翻訳会社での仕事、社長は日本人ではないけれど、日本語と英語の翻訳の会社、カナダにある会社だけど日系の会社、カナダ人もいるけど日本人もいる会社、カナダ人も思わず立ち上がる時に「よいしょ」と言う言葉が出てくるくらい皆日本語が上手。
また日本語チューター、教える相手はネイティブカナディアンでも教える内容は日本語、日本の文化。
最初に住んだ家もカナダ人オーナー、英語オンリーのルールがあってもルームメイトは日本人なのでやはり日本の文化の通じる家。
カナダにいながら何となく自分の常識の通じる生活だった半年。

そして生活が新しくかわりつつある今。
新しい家、新しい仕事。
新しい家は日本人がいない、そして新しい仕事も日本人のいない場所。
言葉だけでなくやはり文化の違いも感じる。

日本人がいなく、日本の文化が全くないカフェでの仕事は特にカナダを感じさせる。
日本のジュースバーで働いていた時には、レジを打つ人、ドリンクを作る人、と、担当を決めてお店を回した、けれどここでは担当など決めず、お客さんが来た時にレジの近くにいた人が注文を受けて、他のスタッフがいればドリンクを作るしその場にひとりなら自分でドリンクも作る。
また、ここでは新人扱いされるのは初日のみ。
ドリンクが作れるようになってからレジ・・・などと甘くはない。
初日からドリンクも作るしレジも打つ、そして注文も受ける。 新人でもカフェの制服を着てカウンターに立つ以上はスタッフの一員だから。。。
そしてカフェの一員として働く以上、トレーニングだとか関係なく、一緒に働いた以上チップももらえる。
新人でも新人扱いされないカジュアルなこの環境は居心地が良い。 新人でもトレーニングでも
人と人は常に対等。この環境は非常に馴染みやすい。
”Respect"(尊敬)がある。
だから街でも人と人が助け合っているのかな。
[PR]
by ohayo-canada | 2006-11-22 15:57 | Vancouver Life