<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

昨日でサマータイムが終わり、今日から1時間ずれた。
だけどそんな事は全然知らなかったよ(涙)、そして待ち合わせに1時間早く行ってしまい、着いたよと電話をしたところ、「時間変わったのよー!」と笑い飛ばされてしまった(恥)

サマータイムは冬と夏で日の長さが極端に違うのを調整する為にあるらしい。
日本との時差は冬は17時間、夏は16時間。
また、時間が変わる日にちも毎年違うみたいで確認方法はカレンダーだと。。。
サマータイムがある事は知ってはいたものの、まさかこんなに突然変わってしまうものだとは。。。

また、昨日今日で引越しも無事に終わり、新しい部屋も片付いた!
自分のPCがワイヤレスにつなげず困ったものの、FutureShopに行き、部屋でネットも出来るようになったw

あわただしい週末だったけどまた明日から仕事だーー!
[PR]
by ohayo-canada | 2006-10-30 17:54 | Vancouver Life
いよいよ今日は引越しの日。
カナダに来た時に比べたら荷物は増えているけれど、車で移動できるので荷造りは思ったより簡単に出来た。 荷造りと言ってもただひたすらバッグや袋にものを積めただけだけれど(^^;
 だけどこの荷物の量では日本には絶対に帰れないから何とか残りの半年で減らさないと・・・というかあと半年もあったらさらに増えそうな気もするけれど・・・。

引越しは日本でも何度もしていたけれど何度やっても大変!
大変と言うか面倒。
だけどたまに気分をかえるのも必要かと☆
それにしても、荷物ってどうやって減らすんだろう?

今住んでいる家に住んだのはたったの半年・・・だけどたったの半年とは行ってもカナダでの半年は濃い。 日本にいる時からオーナーKとのやりとりをし、見つけた部屋、そして今回カナダに到着して初めて来たときの事、初めて出会った人たち、気がついてみれば私がこの家に来た時にいたルームメイトはもう誰もいない!
日本に帰ってしまったルームメイト、今頃どうしてるんだろう?と思ったり。
この部屋で一晩中お喋りしたりしてたんだよな~と思い出したり。
またレストランで働いていた頃はKとも昼間からお喋りタイムがあったり、ラズベリーピッキングに行ったり、買い物に行ったり、一緒にペンキ塗りをしたり・・・。考えてみれば相当お世話になったな~と思う。

新しい家はルームメイトがもう一人いる予定だったのだけど、まだ見つからないみたいでしばらくはオーナーとふたりきり。 早く新しいルームメイトが見つかると良いな~と思う。

さー引越しだー☆
[PR]
by ohayo-canada | 2006-10-29 00:31 | Vancouver Life
変わり行くバンクーバー、そして変わり行くここでの生活。
バンクーバーは2010年のオリンピックに向けてあちこちで工事をしている。
リッチモンド(空港のある場所)にもスカイトレインが通るようになり、さらに便利になるみたい。
また既にあるスカイトレインの駅もどんどん新しく変えられている。
2年前にバンクーバーに来たときと今回とではそれほど大きく変わったところはなかったけれど、次の2年後にもしまた来たら物凄く変わってるんだろうなーと思った。

そして半年を迎え、代わり行く生活。
ただ変わらないのは自分自身・・・早くしないといけないとは分かっていたのに・・・・・・

明後日の引越しを目の前にまだ何の準備も出来ていない(-□-)!!
どうする自分!?

明日はハロウィンの週末なので出かける約束をしてしまい、さらにその約束と仕事の合間に新しい部屋の鍵を取りに行かなくてはいけず、かろうじて今日出来たのがレンタカーの予約。
日本でもカナダでも、いつも引越しの時はレンタカーしてるな。。。と思った。
それといつも助けてくれる友達が回りにいる事に感謝。

無事に引越しが終わりますように!
[PR]
by ohayo-canada | 2006-10-27 17:09 | Vancouver Life
カナダに来て今日で丁度半年!
半年間あっという間だったーーっていうのと、たった半年だけど物凄~くいろんな経験をした気がする。 そして常に考えるのはワーホリが終わった後。 始まりあれば終わりあり、なんだよな~と。。。

カナダ生活が始まり、まず思ったのは1年では物足りないだろうと・・・そしてワークビザや移民の事も考えて調べてみたり、また、日本語教師の勉強をしてそっち方面に進もうと思ったり・・・またさらにMontrealに興味を持ちフランス語の勉強を始めたり・・・。
ある意味残りの半年をどう過ごすかって、ワーホリが終わった後何をするかにもよる。。。
日本語教師に向けて勉強するか?ワーク又は移民申請するか?またはビザの事は考えず学校に行くか?または普通に日本に帰って就職するか???
正直言うと日本に帰って就職したいという思いもある。今興味があるのはホテル業界。人と接する仕事というのと、英語を生かす機会もありそうなので。。。
だけどワーホリ終わってすぐに就職・・・という手もあるけれど、やっぱりまだカナダに未練がある。 そうするとやっぱり次は学校に行くか?
それとまたMontrealに戻りたい・・・という思いもある。
学校に行くにしても就職するにしても・・・どちらにしろ確実に必要なのはTOEICか・・・。
まずは勉強かな!?
[PR]
by ohayo-canada | 2006-10-26 14:56 | Vancouver Life
Wine Tasting Party、ワイン試飲会に初めて行って来た。
前にワイナリーに行った時に試飲はした事あるけれど、本格的な試飲会は今回が初めて。
仕事の後で行ったので途中参加ではあったものの、着いた時にもまだまだ様々なワインが並び、人も溢れていた。
カナダでお気に入りのワインはアイスワインとデザートワイン。
どちらも他のテーブルワインに比べると割高だけれども、アイスワインはとろけるような甘さが本当においしい!
今回の試飲会ではアイスワインにはありつけなかったものの、デザートワインは試飲できた!
試飲したのはブラックベリーのデザートワイン。 アイスワインとはまたちょっと違うけれど甘さが何ともいえない!
また、ワインによく合うチーズや野菜スティック、フルーツもあった。 チーズがワインに合うのはよく言われている事だけれども、気づいたのはぶとうもワインによく合う!
考えてみればワインもぶどうからできているのだから当たり前か・・・とも思うけれど、甘いぶどうでまたワインの甘さがひきたつ!
お酒は弱いから普段は飲まないけれど、たまに飲むワインはやっぱりおいしい。

さて、このワイン試飲会は何と週の初めの月曜日。。。
しかも帰りはスカイトレインに間に合わず、DTに住む友達の家に泊めてもらい、さらに10階にある部屋から見えたバンクーバーの夜景に感動!
バンクーバーもDTは少しは都会なのか!?
[PR]
by ohayo-canada | 2006-10-25 14:38 | Vancouver Life
Montrealから帰ってきて、以前と同じはずの毎日、だけど何故かMontrealから帰ってきてからの方が物事が上手くいったり、同じ生活でも何だかわからないけど楽しい。
10日間の休暇はやっぱり気分転換にも凄く良かったみたい! 理由はよくわからないけれど、旅行前に比べて今のほうがエネルギーがあり、以前も大人になってからは人見知りをしなくなたけれど、旅行後さらに人見知りがなくなったような気がする。 さらに前向きになれた今が嬉しい。

この週末は2年前にお世話になったホストマザーJに会ってきた。
彼女はTrailに引っ越してしまったけれど、時々仕事か何かでバンクーバーに来る。 今回は彼女の弟の家族の家でディナーをご馳走になった。
ご馳走になったといっても家族みんなで一緒に準備をして食べたのだけれども。
久しぶりにカナダの家庭に入れてもらい、やっぱりこういうのっていいなーって思った。
トイレには籠があり、そこにマガジンが置いてある。
今回は4回目のカナダだけれども、今までの3回は全て家庭にステイしていたのでそういう環境だったな~と。 今も家だけれどもやっぱりシェアハウスとなると”カナダの家庭”とは少し離れた雰囲気。

またそこの家庭には小学校低学年の女の子がいて、これまた彼女と友達のごとく仲良くなってしまった(^^) こっちの子は小学校低学年と言ってももっと大人に見えるし、中身も日本の同じ年齢の子に比べたらはるかに大人っぽい。 だけどはしゃぎすぎてお母さんに怒られてるところを見るとやっぱり子供なんだな~と。
彼女とはシークエンスというボードゲームを何度も一緒にした。
また靴のサイズが同じだという事に気づき、彼女が私のブーツを履いてみたところ、何とサイズがぴったり笑。
ヒールのついてる靴をはく機会がないのか、大喜びで、さらに私を部屋に連れて行き、私の着てる服をチェックし、彼女の持ってる服の中から似てるものを探し出して着替え(笑)。 
そういうえばこんなような事昔妹としたような気がするな~なんて思い出した。
彼女はサッカーチームに入っているくらのボーイッシュな女の子、だけどやっぱりお洒落をするて楽しいみたいで、着替えて私のブーツを履いた後、家中のみんなに見せて回っていた(笑)
お母さんには「あなたにその靴はまだ早いわよ」「せっかくお洒落したけれどもうシャワーの時間よ」と水をさされていたけれど(笑)。
帰る頃になり、家の人に送ってもらわなくてはいけなかった為、あと5分ね、と言われた時に彼女が"Make it 20 minuits”と小声で私に言ったのはまたおもしろかった(笑)。 子供の頃、自分の家にお客さんが来た時はやはり楽しくて、いつまでも家にいて欲しいっていう思いが子供ながらにあった。
また彼女にはハロウィンに遊びにくる約束をし、バイバイしてきた。

家に帰ったのは夜の約10字頃・・なのに何と家ではKが家のペンキ塗りをしていた!
こんな時間までやっているの!?と言うと、雨が降る前に終わらせないといけないから何としてもやらなくてはいけないのだと・・・。 だけど夜の10時、真っ暗だし、寒い・・また一人より二人のほうが少しでも早く終わるだろうと思い、ペンキ塗りを手伝う事にした。
ペンキ塗りといっても、もう縫ったあとで、中間仕上げのやすりがけ。
カナダの人たちはみんな自分達で家をなおしたり、ペイントしたりして住んでいる。
その手伝いをする経験もなかなか出来るものじゃないだろうな~と。
ひととおり終わったのは夜の約0時。 集中してやすりがけしたりしてるとあっという間に時間が過ぎてしまう。
また、Kに「あなた本当に引っ越してしまうのね」と寂しそうに言われると私まで寂しくなってしまう。
Montrealに行く前は何となく毎日の生活に飽きた面があって、環境を変えようと思ったのが引越しのひとつの理由。 だけど実際荷物をまとめてみると、たった半年でも懐かしいものが出てきたり、今日であったJの弟の家族も実は今私が住んでる家の近くだった。
引っ越す直前に限って楽しくなるもんだなーと。

またJに、「あなたのWritingはかなり上達してるわよ」と言われた時は嬉しかった。
今の会社で、スピーキング力はあまり使わないので上達できないけれど、毎日沢山の英文を読んでる中でやっぱり読み書きは知らない間に上達していたみたい。

また、Jの弟の家庭で仲良くなった小学校低学年の子に、「日本には何年住んでたの?」というおもしろい質問が(笑)。 どうやら彼女は私が日本出身と言うのは短期間住んでいたという意味だとおもたみたい。 2●年だよ、というと息を呑み、「え?でも貴方何歳?」と。 どうやら年齢もかなり近いと思われていたらしい。
[PR]
by ohayo-canada | 2006-10-23 17:16 | Vancouver Life
何だか最近花粉症みたいな毎日で今日はついに声変わりしてしまった。。。
花粉が飛んでる・・・とは思わないけれど、自分だけじゃなくて会社でも何人かずっとくしゃみをしてる人がいる。
そんな中今日は久しぶりのフランス語レッスン!

Montreal&Quebecに行き、実際にフランス語に触れてさらにおもしろいと思った新しい言葉、日常生活で使えた時はおもしろかったけれどやっぱり「勉強」となると難しさを感じる。。。
フランス語を勉強するのが人生の中で初めてだった事もあり、最初の3回はテキストを使わずにアルファベットの読み方から始まり、フランス語の独特の発音、基本中の基本の簡単な言葉を覚えた。 本当に基本的な事だけどMontrealで多少なりとも使えたのはやっぱり嬉しかった。
そして今日第4回目のレッスン、今日からはテキストを使ってグラマーの勉強も開始☆
使ってるテキストは『Easy French Reader』。 $16ちょっとの金額だけど何故か$14ちょっとで購入出来た!レッスンで言ったら”You are luckey!"と(^^)
やっぱりテキストを使うとさらにグラマーも覚えられるのと音読が出来たり、家での復習もしやすい。
ただひとつ感じるのはやっぱりケベックの人達が話すフランス語とチューターの話すフランス語の雰囲気が全然違う。。。
チューターはパリ出身だから本場のフランス語・・・のはずなんだけど個人的にはケベックでのフランス語が好き。 何となく、そっちの方が陽気でフレンドリーな気がする。
またMontrealに行く事を考えると本当はケベック出身の先生を見つけられればな・・・と思うけれどバンクーバーでフランス語の先生を見つける事自体難しいし。。。
でも同じセンテンスでも全然発音の仕方が違ったりするし・・・。
こればっかりは仕方ないのかなー。
Easy French Reader: A Three-Part Text for Beginning Students (Easy Language Readers)
R. De Roussy De Sales / Mcgraw-Hill
[PR]
by ohayo-canada | 2006-10-22 14:25 | Vancouver Life
バンクーバーに戻ってきて約1週間。
平日は仕事、そして週末の夜は会社の友達と外出。
すっかり元の生活になったな~と思う。

夕べは久しぶりにVancouver Down Townへ!
家も仕事もダウンタウンではないのでバンクーバーに来て半年たつのに未だにわからない事だらけのダウンタウン。
ダウンタウンの詳しさでいったらMontrealの方が今では分かるかもっていうくらい。

Montrealは本当に楽しかったのヒトコト、だけど久しぶりにVancouverのダウンタウンにも足を運び、ここもまた楽しいな~と。
街は明るく、バンクーバーでもダウンタウンなら夜の外出も出来そうな雰囲気。
人も沢山いる。
昨日行って来たのはPub。 ここで言うPubはウエスタンな居酒屋?みたいな感じ。
食べ物もあり、お酒もあり、場所によっては週末ライブがあったりもする。
店員さんも中にいる人たちも陽気。 席も店員さんに人数を言って案内してもらうのではなく、勝手に開いてる席を自分達で見つけて座る、というか適当に座って良いわよって店員さんに言われた。
バンクーバーにもこんな場所があるなんて知らなかったー!

そしてまた新しい事が。
丁度食べ終わった頃、同じTシャツを来た団体が店に入ってきて、開いてる席に適当に座りはじめた。 私と友達の席は4人席に2人で座っていたのでそこに4~5人くらいつめて座り、話に入ってきた。 聞くところによると、彼らはFireMan(消防士)で、チャリティーの為に今夜はボランティアであちこちの店を回ってるんだそう。
その為のステッカーもあり、頂いた^^
また、そのうちの一人はJapaneseCanadianで、EnglishNameの他に、フルネームで日本の名前も持っている人、だけどこっちで生まれ育っているので日本語は全く話せない。 外見は日本人で日本の名前も持っているのに日本語が全然わからないってちょっと不思議な感じ。
また彼らの中の一人はイタリア人だよと聞き、Montrealで友達に教えてもらったイタリア語(How are you?)を言ってみた・・・けれど何と私が思っていたのはイタリア語ではなくスペイン語だった(恥)!!”She spoke spanish!”と爆笑されてしまった。。。
ここでフランス語も喋れる人がいたらまたおもしろいのにな~と思ったけれど、やっぱりバンクーバーではフランス語、多少知っていても喋れる人はかなり少ない。。。

そんなこんなの夜だったけれど、やっぱりカナダはこういう風に知らない人とでも気軽に話せるのが楽しい。 陽気な人はMontrealだけじゃなくて他の地域にもいるんだ~と実感。

e0090610_419135.jpg

[PR]
by ohayo-canada | 2006-10-22 04:19 | Vancouver Life
カナダに来てよく言われるのは・・・

Are you from China?

最初の頃はアジア人は見かけが同じだからわからないんだろう・・・とは思っていたものの・・・気がつけばAre you Japanese?と言われたのはバンクーバーに来てまた一度だけ!
スカイトレインを待っている時に中国人にDo you speak Chinese?と声をかけられたり、また日本語を教えている時にも通りがかりの人にAre you guys speakin Chinese?と言われたり、中国系の飲食店に行って、最後に「シェシェ」と言って見たけれど違和感なくお店の人も中国語で何か言っていた・・・
また毎朝駅で会う新聞のお兄さんも私が日本人だというのはまだ知らないらしく?、挨拶して通り過ぎた後に、あのchinese girlがどうのこうのって言うのが聞こえてきた!私はJapanese girlなんですけど!?と思ったけれどバスが行ってしまうので今日のところはそこまでいえなかったけれど・・・
また、バンクーバーだけでなく、モントリオールであった香港人に、よく中国人に見られるといったら"Yes, you seem!"と言われた涙。 またケベックのユースでは皆で英語で喋っていたら同じ日本人にも"Are you from China?"と(涙)
そういえば数年前ジュースショップで働いていた時にもお客さんに「おねーさん中国人?」って一度だけ言われた事がある。。。あの時はあの人はきっと冗談を言ったんだろう・・・と思っていたけれど、もしかしたらシリアスだったかも?

最初の頃は特に気にしていなかったけれど、ここまで何度も言われるとさすがに気になる。
昔香港に住んでいたり、父が中国生まれだったりはするけれど、日本人だし。
間違って中国系の血入ってないよね!?と祖母を疑ってみたり笑。

中国人に見られるだけならまだよいのだけれど、一番困るのはいきなり中国語で話しかけられる時。 何だ?と思って、英語で中国語は分からないと言うと「ああ、ごめんなさい」みたいな。
日本語の書いてあるTシャツでも着るか?とも思っては見たものの、日本語、漢字が書いてあったりしたらますます中国っぽいかもしれないし?
どうしたら日本人に見てもらえるのだろう!?
[PR]
by ohayo-canada | 2006-10-21 17:29 | Vancouver Life
カナダでの生活も毎日仕事に行って家に帰って…この繰り返しになると日常化し、最初の頃に比べるとバンクーバーでの感動が減ってしまう。。慣れたと言う意味ではある意味良い事なのかもしれない。

毎日仕事に行って家に帰る…この繰り返しではあるけれど、その中でもやはり東京と違うのは通勤
電車での通勤に比べ、バスでのんびり通勤するのはやはりストレスが少ない。
仕事が始まる時間が遅めなのでラッシュアワーから外れている事もあるけれど畑や家々を見ながらのんびり通勤するのはやはり良い。

またそんな中、おきたちょっとしたおもしろい事。
何とバスの運転手さんが道を間違えた(笑)!
バスに揺られながら外の景色を見ていると…突然いつもとは違う風景が!
あれ?バスを間違えたか??と思ったけれど慌ててるのは自分だけじゃなく周りも突然の新しい風景にびっくりしてざわついている…すると運転手さん、"Sorry!"といいバック(笑)
バスの運転手さんが道を間違えるって、そういえばレストランで働いてる時もあったような笑。
日本だったら考えられないような事ではあるけれど、こっちの人はこんなミスにも怒らず一緒に笑ってくれる。

こんなのんびりした環境に慣れてしまい、東京に帰ったら都会のストレス…辛いだろうな。。なんて思ってしまう。。
[PR]
by ohayo-canada | 2006-10-20 04:54 | Vancouver Life