<   2005年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

何気なく本屋に立ち寄ったときに店頭においてあったのがきになって買った本。 運がよくなるって怪しい本じゃないの(-□ ̄!!)?って思って立ち読みしたら意外と面白くて買ってしまった。
内容は運がよくなるため、というより、どうしたら人生を楽しめるかっていう内容だった。 考え方とか、気持ちの持ち方とか。 
今何か目の前の事がうまくいかなかったり、何かに疲れてしまった時には、良いかもしれない。

気持ちの持ちようといえば・・・本のタイトルは忘れてしまったけど、結構前に読んだ本で、気持ちの持ちようでどれだけ現実が変わるか・・・っていう本を読んだ事がある。
その中にある実験が書いてあって、まず、白いご飯でおにぎりをふたつ作って、ラップでくるむ。そしてひとつには”バカ”と書いてムカツキとか悪い気持ちをこめる。もうひとつには”幸”など良い言葉を書き、良い気持ちをこめる。そしてしばらく放置すると・・・不思議な事に、”バカ”と書いたおにぎりが最初にカビてくる!!私も実際にやってみたら本当にそうなった!これって結構怖い。。。
つまりいつも口や不満ばかり考えていたり言っていると、現実はどんどん悪いほうに流れる、逆に悪い事があっても、いいように考えるクセをつけたり、ほめる言葉をたくさん言うことで、自分の周りにも良い事が訪れる。

★popmamyさんのブログで前に言っていた、洗顔や化粧水の時に、肌が綺麗になるように語りかけながら手入れをする事で若さが保てるって、確かにそれをしてからニキビもできてないし、肌の調子もいい。

気持ちの持ち方で物事が変わるって、科学的根拠は何もないけど、本当だなと思う。
気をつけよう!
運がよくなる100の法則
植西 聰 / 集英社
ISBN : 4086500914
スコア選択: ※※※※※
[PR]
by ohayo-canada | 2005-11-30 16:15 |
タイトルが気になって借りたDVD。 
17歳で結婚し、二人の子供を育てる母、でもある日突然自分があと2ヶ月あまりしか生きられない事を知る。だけど周りにはその事実は言わずに、ただ、自分がするべき 「死ぬまでにしたい10のこと」を紙に書き出して実行していく。
娘たちが18歳になるまでの誕生日メッセージを録音したり、旦那にふさわしい新しい妻選び、つまり娘たちの新しい母親探しをしたり。
それまではただの平凡な人生だったけど自分の寿命が解り、するべき事を書き出した途端に生活が今まで以上に充実する。

英語は本当に日常生活そのもの。凄く早い時もあるけど、おちついて聞けば聞きやすい。
映画の作りは単純だったけど、おもしろかった。
死ぬまでにしたい10のこと
/ 松竹
ISBN : B0001CGNJY
スコア選択: ※※※※
[PR]
by ohayo-canada | 2005-11-29 16:05 | 映画
一日が朝から始まって夜で終わるように、物事には始まりと終わりがあるという。
朝起きて一日があり、そして夜になって今日が終わる。 学校も入学から始まって学校生活があり、卒業して終わる。 又は人やペットとの出会いと別れ。

でも、ふと気づいた。

何事にも始まり終わりがあるけど、必ずそこにはがある。
今の自分の目標はカナダワーキングホリデー。でもそれが終わって帰ってきたら全てが終わりじゃなくて、また次の生活が待っている。だから終わりがあってほっとするのではなく、また次の目標に向かって頑張る、次の生活の事を考えて行く。 
常に先を見て目標を持ち続ける事は、自分を若く保つにも効果大らしい(*^^*)
時々ひとやすみも必要だけど、バランスよく常に目標も持っていたいものだ。

たいてい何か新しい事が始まる時は未知の事に不安を持ちながらも何かわくわくしている。 反対に、何かが終わる時にはたいてい人や場所との別れがあって、寂しいものがある。でもそこで立ち止まっていては何も進まない・・・だから次の新しい事にまたわくわくして次の生活や目標に向かっていけたらいいなと思う。

今はまずワーホリ。想像するだけで早く行きたくなる。まずは今の目標に向かって頑張ろう。
[PR]
by ohayo-canada | 2005-11-28 22:07 | つぶやき
ワーホリに行くにあたって忘れてはいけない事のひとつが、ケガや病気をした時の為の保険。 何もないだろう・・・と思っても、何かあってからでは遅い。ちなみに去年バンクーバーに行った時は、病気も怪我もなかったけど、あまりに現地が乾燥していたのと、紫外線が強いのと、水が合わない事から肌あれが悪化し、クリニックで見てもらえた。勿論全部保険持ちだからタダでクリームまでゲットした。
今の所、クレジットカードについてくる”海外旅行障害保険”を使おうと思ってるけど、まだカードが決まってない、というのと、期限がある。だいたい3ヶ月が多い。 
かといってAIUとか普通の旅行保険に入ろうとすると、1年となると結構金額がかかる・・・いろいろ調べていたら、保険にはカナダの国民健康保険っていうのもあるらしい。まだよく調べきってないからはっきりした事はわからないけど、ワーホリとか留学生でも入れて、しかも安いらしい。
保険は最初の何ヶ月分かは日本で手続きしたものを持っていって、後は現地で安いものを見つけるのが良いかも。
とりあえずカナダの国民健康保険を調べてみよう☆★☆
[PR]
今回エージェントを使わないで行こうと思ってるワーキングホリデー。 準備や現地での生活に何が必要なのか、ちょこちょこいろんなエージェントや何を除いたりしてる。 その中で時々見かける言葉「SINカード」。 これの申請を手伝ってくれるというサービスもエージェントは持っている。 でもSINカードって何?と思って調べてみた。
SINというのはソーシャル・インシュランス(sosial insurance)の略らしい。 まずカナダについたらこれを申請しないと働く事が出来ないという。 手続きに必要な書類はパスポートワーキングホリデービザ原本(空港でパスポートにはってもらうもの)だけでよい。ただし、現地での”住所”が必要らしい。 私は出来るだけ出発前に安定して住む場所を見つけるつもりでいるけど、そういう場所がない場合は登録してる留学センターとかの住所を借りるのも手だとか・・・でもエージェントを使わずに行こうとしてる私にはそれが出来ない・・・確実に住む場所を見つけないと!又は去年ステイした家族を頼るか・・・
手続きはそんなに難しいものでもなく、必要なものを持って、場所に行けばすぐに解るという。

正直、今回エージェントを使わないでワーホリに行くのには不安がある・・・。でも、実際何が必要なのか把握して、必要な情報があれば・・・意外と簡単に自分で出来てしまうものかもしれないな、とも思う。勿論油断大敵だけど・・・。時々、”安心を買う”意味で手頃な価格のエージェントを見つけて頼ろうか・・・とも思ってしまうけど、実際思ってる以上に頼れないのは経験済み。
もし今回が初めてのバンクーバーで、何もかもが始めてだったらエージェントがあったほうが心強いかもしれないけど、一応知ってる場所だし、バンクーバーに行くにあたっての不安はそれほどない。
今回のワーホリの目標のうちのひとつ、エージェントを使わずに自分の力で行く!
やり通そう。
[PR]
by ohayo-canada | 2005-11-26 22:01 | カナダ情報
貯金、今日銀行の残高を見て、貯金・・・大丈夫?って思った。出発は5月上旬、あと半年もない・・・目標金額まで溜められるか・・・不安。
先月は1ヶ月間、携帯についてる家計簿みたいなので食費とか、どのくらい使ってるのか記録してみた・・・ら・・・思ったより使ってたことにびっくり。
もっと節約できるはず!!と思った。
もっと自炊をするとか、おやつを減らすとか・・・出来る部分だけでも気をつけよう。
そして目標・・・クリスマスプレゼントとかは除いて・・・先月より2万円節約!
がんばろー!
[PR]
最近よくDVDを借りに行く。出来るだけ英語で映画を見て英語に慣れていこう・・・と思いこのDV
D「名もなきアフリカの地で」も借りてきた。
でも・・・これ、英語じゃなかった・・・日本語・・・でもない・・・。字幕はずしてみようとしたらドイツ語とアフリカ語と、イギリス英語だった。。。 ガーンと思って、仕方ないから字幕じゃなくて日本語音声吹き替えにして観た。 でも吹き替えされてるのはドイツ語の部分だけでアフリカ語とイギリス英語の部分はそのままだった・・・つまり・・・日本語と英語、そしてドイツ語とアフリカ語がこの映画の中を飛び交っていた!2ヶ国語わかるのにそれじゃ不十分なんて・・・(涙)

内容はナチスの時代のドイツ。主人公はユダヤ人の家族だった。ナチスから逃げる為に家族でアフリカに一時期だけ移住するのだけど、今まで平和に、リッチに暮らしていたドイツと、シャワーはばけつの水一杯だけという極端な生活の違いについていけない・・・だけど長く住むに連れて言葉を覚え、友達が出来、そこでの生活は楽しくなる。
だけどそこに住む何人かのドイツ人が言っていたのは、「どんなに仲良くなっても、どんなに受け入れられても、自分はよそものである」と。
これはこの前読んだ本「あの娘は英語がしゃべれない!」でも言っていた。

また話は戻るけど日本に住む外国人がなじみきれないのは、そういう事なのかな、と思った。また自分もカナダにいったらそういう事も体験するんだろうな・・と思った。
名もなきアフリカの地で
/ ハピネット・ピクチャーズ
ISBN : B0009J8G80
スコア選択: ※※※
[PR]
by ohayo-canada | 2005-11-24 22:34 | 映画
そろそろTOEICの申し込みをしようと思い、インターネットでクレジットカードの支払いを選択する時・・・やっぱりクレジットカード使うなら得をしたいな・・・と思い、もう一度何かないかと調べてみた。もともと使ったお金を後から払うというのが嫌いな私はカード払いするなら何かプラスになるものがないとどうしても何か損した気分になってしまう。

そんな訳でクレジットカードはそんなに使わないから、やっぱり年会費は無料がいい・・・だけどせっかく使うならマイルじゃないにせよ、何か使う事でプラスになるものはないかなと思う。
シティバンククリアカードは前に海外旅行保険の事で調べたカード。年会費は永久無料。よく調べたら、キャッシュバックもついてくるって!これは前回調べた時は見落としていた。これからカナダに行くにあたって、飛行機にも乗るし、確実にクレジットカードを使う機会は増えるはず・・・そう、だから率は少なくてもキャッシュバックで得が出来るならいいかな!と思った。年会費無料だからポイントが達しても嫌な気分にはならなくて済むし。

旅行保険は、海外に限らず国内でも利くらしい。 海外も国内も期限は3ヶ月。じゃあワーホリに行くには足りないじゃん・・・と思ったけど、向こうに行ってからタクシーやリムジンをこのクリアカードで支払えば、またそこから3ヶ月海外旅行保険が始まる。旅行目的が条件みたいだけど、でも海外旅行保険会社にただ、保険料を払い続けるだけよりは、同じくらいの金額払ってたとえ近くでも国内旅行(カナダ)出来たら、ワーホリ生活もさらに充実しそう!ワーホリで3ヶ月に1回の旅行計画もいいかも♪
一応他の海外旅行保険も調べておく必要はあると思うけど、とりあえずはシティバンククリアカードを作る事にした!
[PR]
16歳の女の子がアメリカへの交換留学に行く話。家族との絆、出会いと別れ、彼女にとってのアメリカ。
 読み始めてすぐに本の中に引き込まれてしまった。そしてあっという間に読み終わった。 この本はこれから海外に行こうとしてる人にはかなりお勧めかもしれない。又は海外から帰ってきた人とか。
私も去年バンクーバーに短期留学してホームステイをしてるから、余計に自分と重なる部分があったりしていろいろ思い出したりもした。 これから自分が行こうとしてるワーホリへの不安も消えて楽しみな気持ちが大きくなった!早く自分も行って、いろんな経験をしたい。

この本はカナダに行く時、一緒に持って行きたい一冊棚と思った。向こうで何かに疲れてしまった時に読んだら元気が出るかも。
あの娘は英語がしゃべれない!
安藤 優子 / 集英社
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by ohayo-canada | 2005-11-22 21:11 |
マイルの事さんざん悩んだ末、エアカナダのエアロプランに決めた。 理由は年会費など一切無料、それと航空券だけじゃなくて、レンタカーホテルに泊まってもマイルがためられること。どちらにしても、無理をしてマイルをためようとしなくても、払ってる分がないから、たとえ溜まらなくても後で嫌な思いをしなくて済む。それとエアカナダだけじゃなくてオーストラリアや他の航空会社を使ってもマイルが貯められる。
まずはIDを取得するのだけど、エアカナダのホームページのエアロプランから、申し込みページに行く。PDFで日本語に訳されてる詳細も見れるけど、最終的の申し込みは英語又はフランス語のページからでないと出来ない。 フランス語は全然さっぱりだから、英語のページから申し込みをした。 辞書を沢山使って、いい勉強になったと思う。しかも住所の所が何度もひっかかってエラーになり・・・何度も何度も直してやっと登録できた。 少しはいい英語の勉強になったかな・・・と思う。
やりたい職業のひとつとして翻訳者又は通訳者になりたいのであれば、もっと沢山積極的に英語のHP見たりもしたほうがいいのかな・・・とふと思った。
辞書を使わずにもっとスラスラと読めるようになりたい。
[PR]