カテゴリ:映画( 9 )

ローマの休日。 
好きな映画のひとつで出演しているオードリーヘプバーンも大好き。

ワーホリの後、日本に戻った時にNHKのラジオ英会話のテキストを買いに行った時についでに見つけて買った名作映画で英会話シリーズ。 ちょうどそこにローマの休日が!

ローマの休日 (別冊宝島 1398 名作映画で英会話シリーズ)
/ 宝島社


ローマの休日!?と思って思わず買ってしまった^^
だけど日本にいる3ヶ月間、結局仕事に追われて見る時間もなく、勉強や映画はカナダに着てから、、、と思い持ってきた。

買った目的は”映画を見て勉強”、と思ったのと、ローマの休日、好きな映画だったから。
DVDは普通にストーリーを楽しむだけでなく、こまごとに見ることもでき、さらに本の中には聞き取れなかった時の為の英文がしっかり載っている! 

だけど実際に見てみて気づいたのは、、、
気づけばいつの間にか映画も字幕無しで楽しめるようになっている!
そういえばKとKの友達と映画を見たときも字幕無しで楽しんでいたなって、テレビもワーホリでカナダに到着したばかりの頃はよくわからなかったけど今では理解して楽しめるようになっている。 リスニングは正直言うと勉強はしてないけど1年のカナダの生活を経て得たものだなと思う。 いずれにしても普段は気づかなくても上達した!と思える瞬間は嬉しいもの。

ローマの休日、ストーリーはクイーンであることに疲れたハイネス(ヘプバーン)がある晩王宮を抜け出し一人で街を歩き、お酒を飲み、ある男性に出会う話で笑いもあり、ドキドキもありの映画。 そしてヘプバーンが本当に綺麗!
[PR]
by ohayo-canada | 2007-09-01 04:34 | 映画
Night at the Museum

ナイト ミュージアム
/ 20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

Kの友達の引越し前に借りてきてみんなで観たDVD。
夜も遅かったけどくぎづけになって見てしまった!

ストーリーはタイトルの通り、夜の美術館の話。 同時に離婚をした夫婦の息子と父親の話でもある。
「夜の美術館での話」ととらえるか、「離婚をした夫婦の息子と父親の話」ととらえるか、同じ映画ひとつにしても二通りのストーリーが組み込まれてるのもまたおもしろい。

父のいろんな姿にがっかりする事の多い息子、でもちゃんと仕事を見つけたんだよ、というものの、息子が友達を連れて美術館に来た瞬間、息子が見たのは父親が"You are fired." 「お前はクビだ」といわれる場面。
だけどクビだと言われたのには相当な事情あり。 それが夜の美術館、Night at the Museum.

タイトルを見た時にちょっと予想もしていたのだけど、この美術館ではある時間から朝の太陽が昇るまでの時間、展示してあるものたちが動き出す。
それぞれの歴史の中で、それぞれの問題をかかえ・・・戦い、争い・・・
だけどこの息子の父が夜に働くようになり、難関を乗り越えながら和解ができ、平和が戻る。
それと同時に息子から父への尊敬も戻る話。

この映画は英語も日常会話に近いものがほとんどなので英語だけでも理解がしやすい。

また、最近カナダでの映画館で上映されている映画、Simpson。
Simpsonは元々テレビの番組でカナダ人が笑って喜んでみる大好きな番組。
カフェで働いていた時は、カフェのTVでやっているSimpsonをパトロール中の警察がコーヒーの見ながら笑ってみて行ったり。。。
Kの話だと、Simpsonの中には沢山のSlangも含まれているけれど、時代と共に言葉も変化するもので、ここ最近新しくSimpsonで使われてる言葉が正しい言葉として認められて辞書にも組み込まれているのだそう。
なので生の今の英語を学びたかったらSimpsonを沢山見てここから言葉を覚えると良いよって。
Simpson、映画化された事で、セブンイレブンではクッキーも発見!
上に乗ってるカラーは全て砂糖だけど!
歯ごたえばっちりでおいしかった^^v

e0090610_7551949.jpg


[PR]
by ohayo-canada | 2007-08-15 07:58 | 映画
昨日から公開のナルニア国物語を見てきた!これは半年前の宣伝を見た時からずっと楽しみにしていた映画!
今日は水曜じゃないから女性が安い日ではなかったけど、ディスカウントショップがあったから1300円で見れた! いつも映画を見に行く時は、水曜、またはディカウントショップで安いチケットを買って行っている。

映画は全部で3時間! さすがにトイレにも行きたくなったけど、夢中になって見れる内容だった! 英語はイギリス英語だったから私はちょっと聞きづらい。。。

映画に出てくる人間ではないキャラクターを見て、昔そういえば家にそのキャラクターが書いてあるうナルニアの本を見かけた事があるのを思い出して、あ~これだったのか!と気づいた!
今も家のどこかに本があるのかどうか・・・最近は映画読書も好きだけど、昔は本なんて全然読まなかったから母が読んだだけで、自分は読まなかった。
でもストーリーを知るのもまたおもしろいかもしれない。

それと、主人公たちがにのって颯爽と走る姿がかっこいい!
乗馬は前にカナダでも何回かした事があるけど、かなり面白いし、カナダなら料金もそんなにかからずにできる。
最後にやったのが2年前歩く止まる曲がる、、、くらいは出来たけど、また次いったらイチからだろうな~。。。 でもまたやりたい!

ナルニア国物語は、年末にカナダで公開していた時、もしかして日本で公開する頃には自分はカナダに行ってしまって、しかもカナダでは公開が終わってしまうんじゃ・・・なんて心配していたけど、無事に映画館で見ることが出来てよかったよかった! 

ナルニア国物語 VOL.1 第1章 ライオンと魔女
/ ジェネオン エンタテインメント
[PR]
by ohayo-canada | 2006-03-05 23:59 | 映画
今日はキングコングを観てきた!
やっぱり映画館でみるのはいいな~って思う。 
最後は悲しかった。。。これから観る人もいると思うから内容はおいておいて・・・

映画館で見る映画はやっぱりいい! 内容にもよるけど、特にキングコングは映画館の画面でみるからこその迫力と、景色が実際に自分がそこにいるかのように感じる!
しかもサウンドも響いてきて迫力満点!!

ドキドキハラハラしながら観て、観終わった時にはお腹が激空だった事もすっかり忘れていた!
[PR]
by ohayo-canada | 2006-01-18 23:59 | 映画
タイトルが気になって借りたDVD。 
17歳で結婚し、二人の子供を育てる母、でもある日突然自分があと2ヶ月あまりしか生きられない事を知る。だけど周りにはその事実は言わずに、ただ、自分がするべき 「死ぬまでにしたい10のこと」を紙に書き出して実行していく。
娘たちが18歳になるまでの誕生日メッセージを録音したり、旦那にふさわしい新しい妻選び、つまり娘たちの新しい母親探しをしたり。
それまではただの平凡な人生だったけど自分の寿命が解り、するべき事を書き出した途端に生活が今まで以上に充実する。

英語は本当に日常生活そのもの。凄く早い時もあるけど、おちついて聞けば聞きやすい。
映画の作りは単純だったけど、おもしろかった。
死ぬまでにしたい10のこと
/ 松竹
ISBN : B0001CGNJY
スコア選択: ※※※※
[PR]
by ohayo-canada | 2005-11-29 16:05 | 映画
最近よくDVDを借りに行く。出来るだけ英語で映画を見て英語に慣れていこう・・・と思いこのDV
D「名もなきアフリカの地で」も借りてきた。
でも・・・これ、英語じゃなかった・・・日本語・・・でもない・・・。字幕はずしてみようとしたらドイツ語とアフリカ語と、イギリス英語だった。。。 ガーンと思って、仕方ないから字幕じゃなくて日本語音声吹き替えにして観た。 でも吹き替えされてるのはドイツ語の部分だけでアフリカ語とイギリス英語の部分はそのままだった・・・つまり・・・日本語と英語、そしてドイツ語とアフリカ語がこの映画の中を飛び交っていた!2ヶ国語わかるのにそれじゃ不十分なんて・・・(涙)

内容はナチスの時代のドイツ。主人公はユダヤ人の家族だった。ナチスから逃げる為に家族でアフリカに一時期だけ移住するのだけど、今まで平和に、リッチに暮らしていたドイツと、シャワーはばけつの水一杯だけという極端な生活の違いについていけない・・・だけど長く住むに連れて言葉を覚え、友達が出来、そこでの生活は楽しくなる。
だけどそこに住む何人かのドイツ人が言っていたのは、「どんなに仲良くなっても、どんなに受け入れられても、自分はよそものである」と。
これはこの前読んだ本「あの娘は英語がしゃべれない!」でも言っていた。

また話は戻るけど日本に住む外国人がなじみきれないのは、そういう事なのかな、と思った。また自分もカナダにいったらそういう事も体験するんだろうな・・と思った。
名もなきアフリカの地で
/ ハピネット・ピクチャーズ
ISBN : B0009J8G80
スコア選択: ※※※
[PR]
by ohayo-canada | 2005-11-24 22:34 | 映画
昨日、今更ながら家の近くにビデオレンタル屋さんを見つけてDVDを借りてきた。 レンタルできる期間はDVDやCDの種類によって違うけど、統一で190円だった。しかも入会したときに割引券ももらったからしばらくは50円引きで借りれる!
昨日は宇宙戦争を借りてきた。まだDVDは新しいはずだけど運よく借りることが出来た! 
小さなパソコンの画面と小さな音だったけどかなり迫力はあった。映画館で見たらもっと凄かったと思う。 でも最後が”なんで??”ていうのが残って終わってしまったけど・・・。
字幕版で見たけど英語は結構聞き取りやすかった。
宇宙戦争
/
[PR]
by ohayo-canada | 2005-11-11 19:42 | 映画
2003年11月劇場公開の映画。この前TSUTAYAに行った時に中古で¥300で買った!店員さんに画像が悪いかもしれないと思ったけど全然問題なし!勿論字幕版を買った(^^)v
笑いもありの映画でなかなかおもしろい。

単語力さえあれば・・・英語は結構聞き取りやすいかもしれない。しかも途中中国語の場面もあって英語の字幕も出てきた!知ってる言葉だけはよく聞こえてきた。何回も観ればもっと英語が聞こえるようになるのか、それか単語力か…。
どっちにしても映画が字幕なしで問題なく観れたらいいなと思った!そしたら映画観に行く時眼鏡を持っていかなくても大丈夫になるし(笑)
シャンハイ・ナイト
/ ポニーキャニオン
ISBN : B0009H9ZV4
スコア選択:
[PR]
by ohayo-canada | 2005-10-31 17:50 | 映画
昨日はチャーリーとチョコレート工場を見た。上映は10月28日までだったからギリギリ!多分もうほとんどの人が見てるかもしれないけど…
5人の子供がチョコレート工場に招待され、貧乏だけど一番普通の男の子、チャーリーが工場の後継者として選ばれる。工場のオーナーウォンカは歯医者の息子で子供の頃お菓子やチョコレートに対していい思い出がない。が、チョコレートのおいしさをよく知っている。
チャーリーは歯医者の息子ではないが家が貧しいためチョコレートは貴重なもの。
工場に招待されたほかの4人の子供たちは我侭がすぎたり食べすぎ・・・そしてウォンカの言う事をきかなかった事から奇怪な姿に変わってしまう。
ウォンカは甘いものを許してくれない父と喧嘩をし、家族を捨てて家を出る。そしてウォンカのチョコレート工場が出来た。ウォンカが工場の後継者にチャーリーを選んだ時、家族を捨てて一人で来る事を要求したがチャーリーは家族を選び、断る。が、諦めなかったウォンカと街で再会、そして一緒にウォンカの父を訪れ仲直りをする。そしてチャーリーが工場に来るのに家族も一緒にきていい事になる。
チャーリーの運と強い意思が家族を変え、ウォンカを変えた。欲しいものはお金や財産ではなく、お金では買えない何か大切なもの。
自分の譲れない何かがあって意思を強く持つ事は大事な事だなと思った。

映画はどちらかというとアクションものの方が好きだけどこれはこれでおもしろかった。小人?が歌ってるシーンはディズニーランドのit's a small worldみたいだった。

映画は字幕で、リスニングもしてみようと思ったけど・・・まだ時々しか英語での理解ができない。でも英語で映画を見る事はリスニングにいい勉強かも★
Willy Wonka & Chocolate Factory (Ws)
[PR]
by ohayo-canada | 2005-10-28 19:11 | 映画