カテゴリ:妊婦生活(初期~3ヶ月)( 17 )

日曜の夜はKの働いているレストランでのクリスマスパーティ。
いつもよりも早くお店を閉めて、午後からのシフトのシェフたちがせっせと料理を作り、レストラン横についているバーを使ってのパーティ。 ウェイトレスでもシェフでも、職場がレストランって、こういう時においしいw
何だかんだとバイキングで1皿とり、ちょこっとおかわりをした後で小さなケーキ7個たいらげてしまったこの日・・・。 二人分食べるって、栄養面だけじゃなくて量もしっかり二人分食べてしまった(苦笑)

KとDと合流してレストランに到着すると着々と進む料理たちがキッチンに並び、さらにバーに行くと徐々に集まっているプレゼント交換用のプレゼントたち、そして既に飲み始めてる人たち。

レストランのメンバーは結婚式の時にお世話になった人たちやKの友達あたりは知っている顔だけど、人の入れ替わりも激しいのでいつの間にか半分は知らない人たち。 
私にとってはまだ知らない人たち・・・・・・だけど会う人会う人、だけど彼らはKからお腹が大きくなってることやら何やらいつも聞いてるので、前から知ってるかのように「大きくなったね~」とお腹を触っていく笑。 
沢山の人たちが次々にお腹を触っていくって、私にとってはちょっと奇妙な感じ(笑)

職場のクリスマスパーティは大抵奥さん、旦那さん、又はフィアンセ、彼氏&彼女も一緒に参加している。 レストランにも本当にいろんな人がいて、Kの周りのシェフたちをはじめ、ウェイトレスの女の子達、ウェイーター、バーテンダー...etc...。
ウェイトレスの女の子達はほとんどがティーンから20歳くらいの若い女の子達。 おもしろいな~と思ったのは、女の子がグループを作るのって日本人だけかと思ってたけど、よく見てみるとカナダ人の女の子達でも何気にグループに別れている。
半分はメイクもドレスアップもしっかりしてどちらかというと男性の興味を引きたい子達。 あとの半分はそんな事には興味はなく、友達との時間をちゃんと楽しみたい子達。

そして気づけば奥様グループにいる私!? 若くない(苦笑)
レストランで働いてる人たちの奥さんたちと、旦那さん連れの女性スタッフ。 完全奥様グループだけど、丁度良いことにほとんどがここ数年結婚したばかりで中にはこれから結婚する人も。 年齢層もみんな自分と同じくらいで落ち着いた人達なので何気に居心地の良いこの奥様グループ(笑)

また、ある程度上の立場にたつとあちこち顔を出しに行かないといけないK。 Kが席をはずした時にふと現れたロッキー。 彼はまだ16歳でKがかわいがってるディッシュウォッシャー。 さらに10人兄弟の末っ子で、3つごの中のひとりでもあり、さらに兄弟の中にはふたごもいるのだと・・・恐るべし両親(笑)。
Kが席をはずした時に何を言いに来たのかと思ったら、

"He is the first person that I appriciate at work"
「Kは仕事で感謝した最初の人だ」って。 だからありがとうって。

言われると、私の事でなくても嬉しかったりする。
ロッキーにとってはここのレストランでのディッシュウォッシャーが人生で初めての仕事で、Kの話だと若い人たちは遅刻が多かったりする中、ロッキーは真面目でよく働くのだそう。 だから料理の学校のことや、シェフになること、オススメの本など教えたり、いろいろ仕込んでいるらしい。 
後からKに、ロッキーが初めて感謝した人だよって言ったら照れていたけれど(笑)

また自由に飲んだり食べたりの時間がある程度過ぎたところで待ちに待ったプレゼント交換!
オーナーがプレゼント交換のルールを説明し、さあプレゼントを交換しよう!!という所で・・・
トークが続いてなかなか始らないプレゼント交換・・・
近くにいたウェイトレスの女の子がこそっと、「この長いスピーチを聞かないとプレゼントはもらえないね」って(笑)。 そして彼女の言うとおり長々と続いたスピーチ(苦笑)。
プレゼントのルールの説明をして、さあ今からって言うこのタイミングでのスピーチは早く~~ってな感じなのだけど、オーナー、 一応ボスなので、最後まで聞かないといけないスタッフ達(笑)

でもまた嬉しいのが、最後に頑張ってるメンバーを紹介してくれた時に、一番最初にあがったKの名前。 そしてみんなの拍手を受けるK。 私も一緒に拍手をしながら、自分のパートナーが仕事場で人から慕われ、信頼を受けてるっていうのは私にとっても誇りで嬉しいなーって思った。 Kの職場に顔を出していつもみんなが私によくしてくれるのもKのおかげだな、と。
Kは時間もきっちりで真面目なタイプで、ある意味カナダ人では珍しいタイプでもあったりする。

また、Kと一緒にバンクーバーから来たD、KとDをケロウナに呼んだR(この3人はかつてかつてバンクーバーで一緒に働いていたメンバー)も紹介され、他にも数人。
中でもおもしろかったのが、Made my life easyer, and made her life more difficult...(私の人生楽にしてくれて、自分の人生大変にした人)として紹介されたウェイトレスのマネージャーM。
彼女は結婚式のプランも喜んで全部仕切ってしてくれた人でもあり、いつもてきぱきと仕事をしていて気配りも上手。 20歳年上の旦那さんと最近結婚したばかりで、旦那さんは子供は望んでないみたいなので代りに(?)私のお腹の成長と赤ちゃんの誕生を楽しみにしてくれてる人。 そして年齢も私と同じ。 だけど同じとは思えないくらいしっかりしてる人。
帰り際に今度一緒にスイミング行こうって誘われたよ、とKに言うと、何と彼女は水泳選手でもあるらしく、ちょくちょく競技にも出てるのだそう! 
一緒にスイミング行ったら妊婦のバタフライもマスターできるか・・・!?笑。

そんなこんなで無事に長いスピーチも終わり、無事にプレゼント交換。 くじを引いて、番号の早い人から好きなプレゼントを選ぶ。 そしてその場で開封。
さらに順番がまだでも先にとった人のプレゼントが欲しい!と思ったら私がそれもらう!とGETしに行くことができ、誰かがGETしに着たらプレゼントは譲らないといけない。 そして譲った人は別のプレゼントを選ぶ、というルール。
私は無事に自分の選んだプレゼントをGET、そしてKは私の後の人がGETしたロゼのワインをそれ取った!とGETしに行きプレゼントGETw

最後にテリトリーを張ってる女の子たちの間でDをめぐってのトラブル(?)もあったようだけど、とりあえずパーティは無事に終了。 
私も何だかんだとまた新しい人たちに会って話すことができ、良い気分転換w

e0090610_651277.jpg







人気ブログランキングへ
[PR]
つわりがありながらも上下気分が悪かったり良かったりを繰り返しつつ12週の終わりまでさしかかった今・・・。 明日からいよいよ13週。
つわりも後は回復するのみだろう・・・と思っていた昨日、あと2日で12週も終わり・・・というところでついに吐いたーー(--|||) 汚い話ですみません。。
祝!初嘔吐?(泣)

何となく疲れてるなーとは思っていたのだけど、気分が乗らないながらもでも食べなきゃ・・・と思って食べた夕食。 特別気持ち悪いとかじゃなかったのだけど、洗い物してリビングでゆっくり休もうかと思った矢先いきなりうぷっときて、妊婦らしくトイレまで走ってみたら・・・・・・・・・(--|||) 

つわり、これから開始? なんて不吉な事は思わないようにしよう(--|||)

つわりがありながらも吐かずに12週までやってきたのと、やっぱり吐くのは体にも辛いので気持ちが悪くても絶対に吐きたくない!!と思っていたのに吐いてしまった自分にショックだった昨日の夜。
大人気なく「吐いたー」と騒いでいたら、「沢山の妊婦さんたちがつわりで沢山吐いたり入院しちゃう人もいるって考えると今まで吐かずにやってこれたのはラッキーなんだよ」、とKに励まされつつ・・・。 確かに気持ち悪い時は何度もあったけれど、それでもちゃんと食欲があって食べれていたのはかなりの救いだったはず・・・。
それでもやっぱり、どうかもう吐きませんように・・・と願う。。。

何だか昨日のそれ以来何かを食べる度に気持ち悪くなりやすくなってるような気がするのが気になるけれど・・・これは赤ちゃんが元気な証拠・・・と思ってあと少し、乗り切るしかないか。。あと少し。。。

気になっていた保険はBCメディカル(カナダ、BC州の健康保険)に直接電話をして状況説明をしたら現在ビジタービザだけど入れることに! 早速手続きをして保険が使えるようになるのが約2週間後。 次の検診は来週の頭なのでそれには間に合わないけれど、その後のウルトラサウンド(赤ちゃんが見れるやつ)の時には間に合いそう!

またいろいろ調べてみると、どうやらBCメディカルはワーホリのビザでも手続きすれば入れるらしい! 私のワーホリは終わってしまったけれど、これからワーホリで来る人やまだ残りが長い人は必見!

いろんな事の書類手続きはまだまだやる事が沢山。
今日はようやくいろんな手続きに必要なIDのコピーGET。
やる事も考えると気が遠くなるけれど、ひとつひとつ今やるべき事をやり進めていこう。。。








人気ブログランキングへ
[PR]
結婚後の苗字変更やパスポートの変更、その他、どうしてもバンクーバーでないと出来ない事が幾つかあったのでまとめて行って来たバンクーバー!
バンクーバーは4月以来。 やっぱりバンクーバー好きだなーって思った。

街並みは工事が終わった場所もあったりして少し変わっていた。 自分がいない間にもここでの時間も動いていたんだなって思う。
そしてひたすら懐かしい。去年、ひとりでバンクーバーにやってきて、仕事や新しく出会った友達を通して様々な人に会い、全く新しい場所でひとりから始った場所。 ゼロから作り始めた自分のバンクーバーでの生活。 いつの間にかよく知ってる街になっている。
バンクーバーは何故かいつも自分にとってのスタートの場所で、初めて来た時も、去年ワーホリで来た時も、自分にとっての大きなスタートでその場所がまたバンクーバーだった。

e0090610_1514944.jpg


e0090610_1522946.jpg



スタンレーパークも懐かしい。 去年強風で根こそぎ倒れてしまった大量の木も、少しずつ片づけが始って、夏の間にだいぶ進んだみたい。

e0090610_1534433.jpg



ハロウィンの準備も進む。。。
e0090610_1542463.jpg



行く道は曇りだったり雨だったりだったのだけど、途中で大きな虹も発見!

e0090610_155278.jpg



ハイウェイから見える山々の紅葉も綺麗。

e0090610_1552830.jpg


e0090610_1555988.jpg



お昼すぎに到着して、必要なことを済ませてからメトロタウンにて買い物も。
メトロタウンはさすが。 ケロウナにはなかった小さなサイズのマタニティもちゃんとある!
メトロタウンはお店も豊富だけどお客さんが多いせいか、大抵のお店にはサイズも小さいものから大きなものまでしっかり揃っている。 早速履いてみてるマタニティパンツ(主に家用)もさすがはマタニティ用だけあってお腹が締め付けられず楽ちん♪
上下そろって買ったマタニティ用の服はデザインはいかにもマタニティではないので、お腹の部分の生地が伸びてしまわなければ産後も着れそう!

またケロウナでは手に入らない日本の食材。 コンビニ屋とFUJIYAに行って来たのだけど、ケロウナで散々探し回ってた食材が全てそこにあった!! やっぱりバンクーバーいいな~なんて思ってしまう。 とりあえず日本の食材は沢山買い込んだので当分は困らなそう^^

去年、東京からバンクーバーに行ったときはバンクーバーって小さいって思ったけど、ケロウナに住んでからバンクーバーに来ると、建物も大きくて何でも揃ってて、大都会のように思える。 

Kと私を紹介してくっつけてくれたモントリオール人の友達にも久しぶりに再会!懐かしいメンバーだなーって思いつつ、みんな元気そう。 そして凄く居心地の良いメンバー。 街の雰囲気、人々、ここで出会った友達、もうバンクーバーにはいない人も沢山いるけれど、やっぱりワーホリの1年楽しかったなーと改めて思う。 いろんな思いを抱えて一人でたどり着いて、新しい生活を作った場所。 何もかもが新しくて、街のこと、カナダの事を知ろうといろんな事して、仕事して、、、全ての事に精一杯で全力でやってたなーって思う。
何だか心が温まったというか、今回バンクーバーに来たことで何かリフレッシュできた感じ。

夜はKのお父さんの家へ。
おじーちゃんになる気マンマンのKのお父さん、早速妊娠&産後のための本と赤ちゃん用にヌイグルミを買っておいてくれていたみたい!

e0090610_1565564.jpg



 妊娠発覚した時におもちゃ買わなきゃ!って言ってたのは本気だったのか笑。
ちなみにこのヌイグルミは持ち帰ったところ、Sumbucaが「何だお前」と言わんばかりにネコパンチくらわしてたけど(笑)
赤ちゃんは私も楽しみだけど、お父さんも本当に楽しみなんだなーって思う。
楽しみついでに、バンクーバーに来る前に見た夢の中では既に赤ちゃんがいて、母乳をあげてる夢を見た。 しかも現実的なのは赤ちゃんが上手に母乳を飲めなくて悪戦苦闘・・・そしてついに母乳を飲んだ赤ちゃんがニコッて笑い、それに感動した私が仕事中のKに「赤ちゃんが母乳飲んでニコッて笑った!」(生後2日目)ってわざわざ電話してる夢(笑)。 目が覚めて夢だったと知った時はちょっとがっかり(笑)

バンクーバーはケロウナに比べて湿気も雨も多いので、緑や自然は本当に豊か。 ケロウナも自然はあるけれど、やっぱり乾燥してるので緑の深さは薄い。

気温もバンクーバーの方が少し暖かくて、ジャケット無しで大丈夫。 バンクーバーの景色が懐かしいのと、緑や紅葉も本当に綺麗で、帰るのが惜しいくらいだったけれど、この日暖かかったせいか、ケロウナに帰ったらあまりの寒さに色が変わる前に散りかけていた木が元気になって黄金色に輝いていた! 秋も深まる。

e0090610_1585434.jpg


e0090610_1591588.jpg



ケロウナの紅葉もバンクーバーに負けず^^
バンクーバーも綺麗だったけどオカナガンレイクも綺麗。

e0090610_1594243.jpg


e0090610_2024.jpg



庭には最近蜂も沢山!

e0090610_203090.jpg


e0090610_205440.jpg







も登録中です♪
[PR]
体重増加と関係あるのか、それとも単に妊娠のせいか、最近からだがふっくらしてきたなーっていうのを自分で感じる。
お腹は勿論、胸もだんだん張ってきて、ふと自分の体を見るとそんな変化がおもしろい。
胸も大きくなってきたよってKに言うと、Kは大喜びで、「振り回せるほど大きくなるのかな!」って・・・・・・なる訳ないでしょう(笑) (←おバカ笑)

たまにこっちの人って日本人じゃそうそう思いつかないユニークな発想をしたりする。 バンクーバーにいた時もKにホッカイロをあげ、素肌に貼ってはいけないとか説明をしてあげたところ・・・「じゃあ10コくらい沢山背中に張るのは?」って(笑) 聞かれた時は真剣に悩んで答えたけれど、考えてみたら”ホッカイロを背中に10コも張ろうと思う人”なんてそうそういないだろう(笑) だからそんな事は説明書には書いてない・・・ので「書いてないけど熱いと思うよ」って言っておいた笑。

体の変化はお腹や胸だけでなく、ふと二の腕の辺りを触ったりすると、以前よりもふっくらしてるのが何となくわかる。 ママの体はお腹の赤ちゃんを守らないといけないから、それに伴ってふっくらしてくるものなのか。。それとも体重増加のせい?
こういろいろ変化があるとおもしろいなーって思う。

体重変化は前回の検診で予想以上に増えていたのでちょっと心配していたけれど、体重管理は安定期に入ってからにするとして、、、今はまだつわりも残ってるし、そこまで気にするのはやめよう・・・って思うようになってきた。 たまごクラブを見ていたら「太らない体質だと思って油断しました」っていう人の話が載っていて、妊娠前と出産後の顔が全く違くなってしまってる人もいたけれど・・・体重も単純計算した通りに増えるとは限らないし・・・多分。。

今は食べたいもの、食べられるものを食べるようにしよう^^
でも一応体重は気になり、妊娠後はお茶の変わりにジュースやミルクを飲むようにしていたのだけど、時々ジュースをお茶(ノンカフェインのもの)に変えてみたり、レモン水作ってみたり。。。
レモン水はさっぱりしてるのでとても飲みやすい。
でもやっぱりカルシウムはしっかりとっておいきたいのでミルクは1日最低コップ1杯は飲むようにしている。 ミルクで作る朝のホットチョコレートはやめられない。。。これは産後も続きそう。。
また、妊娠に限らず、朝に甘いものを取るというのは脳が活発になるので良いらしい!
通勤途中に黒飴をなめるのも良いって聞いた事がある。

体も赤ちゃんがお腹の中にいるっていうだけでこうも変化していくんだなーって思うとおもしろい。 何だか普通に「お腹の赤ちゃん」とか言ってるけれど、よくよく考えてみるとお腹に何か生き物がいて、成長してて、ちゃんとした人間の形まで育って出てくる・・・って思うと凄いなーって思う。 そして赤ちゃんが生まれる頃には母体の準備も整って母乳が出て、しかも赤ちゃんは母乳の飲み方を教えてなくても知っている! そう思うと赤ちゃんって実は賢い!お腹の外に出て、お腹がすいたら泣いてアピールして、ミルクを飲まないといけないってちゃんと知っている。 もうへその緒からの栄養はないって。

妊娠期間まだまだ長いけれど、いろんな体の変化、今だけのこと、いろいろ楽しんでいこう^^




も登録中です♪
[PR]
綺麗な話ではないけれど・・・

最近オナラとゲップが物凄い。。。

でも日本語の妊婦さんたちのサイトに行ってみたりすると妊娠してからオナラがゲップがよく出るようになったっていう人の話はよく見かけるので普通の症状かな~とは思ってるのだけど・・・こっちの妊婦雑誌や病院でもらった体の変化が書いてある本にはそんな事一切書いてないのでKは信じない。。
何かが出るたびに私は「妊婦だから。。。」と言うのだけど、、、その度に「へ~~そうなの~~」って言って全く持って信じない。 ネットに書いてあるよ!と言っても日本語なので見せてもKは読めず。。

妊婦さんの事を知ろうと妊婦雑誌も読もうとするK、だけどたまごクラブなんかは日本語なので見ようと試みてくれるものの、日本語のわからないKが「何が書いてあるのかさっぱりわからない」というので、「日本語だから仕方ないよ、、、」と言ってみた瞬間、顔をあげて見てみると・・・Kの手にあるたまごクラブは上下さかさま(笑) そりゃあわからない訳だーー(笑) というか、写真とか図とか見て上下逆さまって気づこうよって(苦笑)

それにしても本当に良く出るオナラとゲップ。
気持ち悪いよ~なんて言ってる時、ふと背中をさすってくれたりするのだけど、するとグエッってゲップが出たり・・・・・・出た途端Kは退散(笑)。
でもオナラやゲップが出た直後はちょっと気持ち悪いのが治ったりする。。

オナラはプッってかわいいのが出るのだけど、音が出るやつは臭くないって言うし・・・・・・と言ってもKは「助けてくれ~」なんて言いながら逃げていく(笑)

オナラやゲップは妊娠前はKの前ではしなかったのだけど、、というか、出なかった^^
1度、2度としてしまった後はもう開き直り。 妊婦だからしょうがないよって^^
Kには悪いけど今は旦那よりも赤ちゃん優先ってことで(笑)

お腹は日に日に確実に大きくなる。。。
ちょっと前にネットで注文したマタニティ用のジーパンもようやく実家に届いたようで、それをさらに母に送ってもらうので手元に届くのは2週間前後か。。買った時は数週間は普通のパンツのボタンはずしておけばまだまだいけると思っていたのだけど・・・日に日に大きくなるお腹はパンツがマタニティに変わってゆったりしたのを良いことに、またさらに少し大きくなり、昨日はついにファスナーも半分までしか上がらず・・・。 何も履けなくなってしまう前にマタニティ用のジーパンが届くと良いな~と思う。
こういう時、日本に住んでたら便利なのになーと思ったりもする。
今一番行きたい場所はどこ?って聞かれたら、迷わず答えるのは

京王ストア。

でも来週はバンクーバーに行く予定もあるので、その時は不二家(日本の食材を沢山売ってるお店)に行ってケロウナでは買えないものを沢山買ってこよう♪って思う。

そういえば・・・

登録してみました♪
[PR]
数日前買い込んできた日本食材と電気釜。 それと母に頼んで送ってもらったひじき。
さっそくひじきを使って散らし寿司を作ってみた!
調理時間はご飯を炊く時間も含めて約30分。 炊き上がったご飯に散らし寿司の素と解凍した冷凍枝豆とひじきを混ぜて出来上がり!

散らし寿司って、日本にいる時はあえて自分から作った事はなかったのだけど、実は超簡単でつわりで日本食が食べたくて仕方のない私にとっては物凄いご馳走のごとく感じる(←大げさじゃなく笑)
思い返せば、去年バンクーバーにある老人ホームの日本食レストランでも散らし寿司はホームのお年寄りの方々、国籍問わず人気メニューのひとつだった。 子供から大人、つわりの妊婦まで(笑)楽しめる散らし寿司。 また作ろう!

ケロウナは思っていた以上に日本食材が手に入りにくいけれど、子供が育つ上でも日本のおいしいものの味は知って欲しいなって思う。 典型的なハンバーガー大好き人間にはならせまいと・・・(笑)

新しく買った電気釜(兼スチーマー)もこれから先大活躍してくれそう^^

e0090610_12564647.jpg



外の空気は日に日に冷えて行き、紅葉したかと思うとすぐに散ってしまうけれど、晴れた日に外に出るのは空気がひんやりしていて気持ちよい。 外に出るのが大好きなSumbucaも"Outside"という言葉を聞くとミャオ?といいながら何処からともなく現れる(笑)

e0090610_12572518.jpg


e0090610_12574232.jpg



そして人が読みかけの雑誌の上にわざわざ座ってみたりする。。。
雑誌なんかより私を見て!と言わんばかりに(笑)

e0090610_13365340.jpg



外に出ても何をするという訳でもないのだけど、庭を一周して何やらチェックし・・・

e0090610_1259547.jpg



あとはのんびり座って外の空気を楽しみながら時々バッタを見つけては食べる

e0090610_12592755.jpg



冬になって雪が降ったらまた景色もいかわるのかなーと思う。

e0090610_12594848.jpg


[PR]
ストレッチクリーム(妊娠線予防クリーム)。
元々カナダでは乾燥で常に体がかゆいので常備していたボディミルクでお腹もケアしていたけれど、大きくなり始めてるのでそろそろストレッチクリームも買わないと、ということで探し始めた。

数日前にマタニティ服のお店に行った時にココナッツバターのクリームが進められているのを見かけたのだけど、まだ買うかどうかもう少ししてからにしようかと迷っていたのでその時は買わず、でもやっぱりそろそろ欲しいなーと思って薬局に行って見た。

薬局の薬剤師さんは日本でもお医者さん以上にお世話になったけれど、カナダでも薬剤師さんという方々は話を聞いてくれ、適切なアドバイスをくれ、適切なものを選んでくれる。 ストレッチクリームも雑誌でチェックしたりはしてなかったので、どれが良いのかイマイチわからず、薬剤師さんにココナッツバターのが良いのか、それとももっと良いものがあるのか聞いてみた。
ストレッチクリームは少し前まではミルク系のものが勧められていたのだけど、最近は少し変わってきているのだそう。 ココナッツバターのも勿論良いそう。 だけど、その薬剤師さん一番のオススメは、何とビタミンE。 
ビタミンEのクリーム???と思いきや・・・薬剤師さんが持ってきてくれたのはビタミンEのサプリメント(服用するもの)。 

いやいやいや、欲しいのはサプリメントじゃなくてクリームなんだよ、と思ったのだけど、よくよく話を聞くと、このビタミンEのサプリメントの粒をつぶして中から出てきたビタミンEを直接肌につけるのだと!!

何と贅沢な!!

だけどこれがまた肌に効くらしい。
サプリメントだから勿論香料は一切なし。 なので匂いは独特だけど・・・(苦笑)
つけてみたところ、つけた部分がもっちりしてしっかり潤う。 ビタミンE直接だけあって持続力も凄い。 大げさじゃなく、本当に試しにつけたほうの腕が若返ったような感じ。
これをお腹が大きくなり始めてる今の時期から1日2~3回つけてれば妊娠線なんて絶対にできないわよって。 凄い。。。
恐るべしビタミンE!

このビタミンE。 保湿してくれるだけでなく、抵抗力や回復力も助けるので肌荒れやちょっとした傷につけても回復が早いらしい。 顔につけたら美容液代わりになるかな(笑)?
カナダにいる間は体全体が乾燥してボディミルクをつけても乾燥のかゆみに襲われていたけれど、これがあればそれも解消されるか!

ビタミンEを直接肌につけるなんてとても贅沢な感じがするけれど、値段を見てみると、100粒入って確か$5.6(約600円)くらい。 1日2粒使っても50日。。。と考えると経済面でも◎。
最初は潤いだけでなく香りの良いストレッチクリームで癒されたい~なんて思っていたけれど、この使い心地の良さにはかなわず、妊娠線対策はこのビタミンEでいくことに。
お肌のトラブルがあった時のお供にもなりそう♪

e0090610_10432773.jpg
e0090610_10434640.jpg


[PR]
ちょっと前にアマゾンで注文した妊婦雑誌『たまごクラブ』と『ひよこクラブ』。

e0090610_3225310.jpg



ひじきやその他マタニティ関係のものと一緒に母に送ってもらい、昨日ようやく到着!妊婦雑誌はカナダでも購入できるけれど、日本語のものはやっぱりここでは手に入らないのでどうしても送ってもらわなくてはいけない。 ここで買う妊婦雑誌は英語で勉強にもなるし、こっちでの妊娠&出産の事がわかるので為にはなるけれど、やっぱり雑誌読んでリラックスするなら日本語のもの・・・。
しかも日本の雑誌はちゃんと付録なんかもついていて、またひとつ楽しい。 毎月欲しいなーとも思うけれど、本代よりも送料の方が高いのでそうはいかない。
今回たまごクラブと初たまごクラブ、ひよこクラブまで買い、妊娠初期のことから出産時のこと、出産後の沐浴や授乳などの赤ちゃんのケアの仕方、妊婦ママ用&離乳食レシピなんかもあるのでこの3冊はしばらく重宝しそう。
やはり国が違い、病院関係のシステムや検診の回数何かも違うので、読んでいても自分にはあてはまらない所はあるけれど、他の妊婦さんたちの経験談や気をつけること、なんていうのは本当に役に立つ。

また一緒に届いたマタニティ関係の下着。 服を着て外を歩けばまだ妊婦とはわからないくらいではあるけれど、お腹は確実にぽっこり出ているので通常の下着ではお腹に線がついてしまうばかりではなく(
今から妊娠線なんて出来てしまったら大変!)、出てる部分が締め付けられる感じで苦しかったので母に頼んで送ってもらった妊婦用デカパンツ。
これがまたデカパンツだけあって、本当にデカイ!

e0090610_323344.jpg



箱から出して一緒に見たKも「これ本当にはくの!?」って大笑い。 私も思わず、「デカすぎだろう・・・」と思ったのだけど・・・はいてみると以外に良い感じ♪
デカパンツだけあってお腹はすっぽり包まれるので、通常のパンツのようにお腹がの途中で締め付けられる事もないし、ふとお腹を触った時も今までは冷たかったお腹がデカパンツをはいてからは常にお腹が温かい状態で守られている。 お腹がしっかり守られれば、赤ちゃんもHappyかな♪ またさすが妊婦用の下着だけあって、お腹のサイズが大きくなるにつれてゴムで調節も出来るようになっているので初期から臨月までOk。 お腹がもっと大きくなったら支えるものも買わなくては・・・と思う。

ひじきもケロウナではどうしても見つける事ができなかったのでこれは大事に食べなくては・・・と思う。 またこの日はKも休みだったので車を出してもらい、日本食店へ。 小さいけれどみりん、五目寿司の素、うどんなんか、簡単なものは手に入る。 バンクーバーにあるコンビニ屋のスモールバージョンみたいな感じ。 ひじきに並んでいろいろ日本食関係の材料が手に入りひとまず満足。
先日お腹が痛くて病院に行った後に、Dが電気釜とか買っていつでも日本のものも食べられるような環境にしたら体も良くなるんじゃない?とKに話したそうで、それを聞いた私は思わずまた「ご飯なら鍋でも炊けるし、電気釜なんて高いからいいよ」なんて言ってしまったものの・・・
Kのやっぱり買おう、という意見と、これから先の生活でも必要でしょう・・・という事で電気釜なるものも購入。 電気釜と言ってもスチーマーもついていて、野菜なども調理できるというもの。 しかもそれで$50ちょっとだったので購入うすることに決定。 これから先子育てをすることを考えてもなかなか重宝しそうな感じ。 
この日はDとベラもうちに来て映画を見ながら一緒にうどんで夕食に。

赤ちゃんの名前は考えた?っていう話になり、赤ちゃんの名前はKが英語でファーストネームを考え、私が日本語でミドルネームを作るっていう話にはなってるけど、考え始めるのは性別がわかってからって思ってるよ~なんて言ったところ、少なくとも赤ちゃんが生まれる前までには決めた方が良いよっていうDからのアドバイス。
話を聞くと、Dの兄は生まれてから両親が名前を考え始めたので、2週間は「赤ちゃん♪」って呼ばれてたみたい(笑)。

エコーで赤ちゃんも見て、マタニティ関係のものも少しずつそろい、楽しみな気持ちも倍増!
気になるのは体重増加と、お腹の大きさもたまごクラブでモニターで出てる妊婦さんのお腹と比べると、私のは既に4ヶ月くらいではないかと思うほど出てしまっているけれど、赤ちゃんが大きいから・・・という事で・・・^^;
またこれからのマタニティライフも楽しんでいこう☆

あと追加で、最近食べづわりから気持ち悪いつわりに変わりつつあったのだけど、日本食店で買ってきたのりのつくだにを単独で少し食べたら気持ち悪いのが治って食欲も復活!
のりのつくだにって実はつわりに良いかもしれない。
[PR]
一昨日から何となく気になっていた腹痛。
出血もしてないし激痛でもないのだけど、何となく気になってKにも下腹部が痛いんだよねーって言っていた。 何となく、最終的には体で感じるのは女の人だから、男の人にはこの痛みや不安はわかるまい・・・と、勝手に思っていたのだけど、Kの言葉で気づいたのは、Kは男の人で体で感じることが出来ないから余計に不安なのだと。 しかもお腹がどうやって痛いのか聞かれても”お腹が張る””つっぱる感じ”って、英語でうまく表現できないので余計に今の状態が伝わりにくい。 
お腹がつっぱるというのは調べてみたらcrampだそう。
お腹が張るstomach is hard?(別に硬くはないんだけどなって思いつつ・・・)
そして二人して痛いところを探ってみると、過去にヘルニアで手術した場所に限りなく近くて、Kがどこが痛いの?って軽く押してみるとヘルニアの手術の跡のすぐ横。。。
「ヘルニアが復活してるんじゃないの???」と二人して青ざめる。。。
そういえばこのヘルニアの場所、今まではなかったのにここ数年になって、急に立ち上がったりするとつっぱった感じの痛みがあったりする事が時々あった。 気になって病院に行ったことっもあるけれど、問題はなしでMemory Painっていうんだよって言われたり。
腹痛の痛みも耐えられる痛みではあるけれどやっぱり不安・・・どんな状態なのか聞くだけでも聞いてみよう・・・という事でクリニックから貰っていた病院リストの電話番号に電話。
そして症状を伝えると、妊娠10週でその痛みは異常だからすぐに来て下さいって!
そんな事を告げられ、不安拡大!!

急いで着替えて、約10分後、病院に到着。
救急外来で受付を済ませる・・・。
救急・・・だけど待ってる人は沢山。。。
"Are you still waiting!?"なんて言葉が聞こえてくると相当待つんだなーなんて事が予測される。 すぐに来て下さいって言われてきたけれど、すぐには診てもらえない。。。
また、待ってる間に血液検査も。 血液検査、つい数日前クリニックの後にしたばっかりなのに・・・と思いつつ・・・血液を撮ってくれたおねーさんも、跡が残ってるのを見て、「あら、血液、最近撮られたばかりなのね、かわいそうに」って言いながらまた5本くらい取るおねーさん。。血液取られながら、
そんなに血液ばかり頻繁に取ってたら赤ちゃんの栄養がなくなっちゃうよー(涙)なんて思う。

病院に到着したのが大体夜の12時くらい。
血液検査も終わって、やっと順番が回ってきて中に入れたのは大体午前4時。
病院の救急よりクリニックの方が早い・・・なんて思ったりもするけれど仕方がない。。
バンクーバーで具合が悪くなって救急車が来たときも、救急に連れて行けるけど待ち時間大体5時間かかるから、朝まで待ってクリニックに行ったほうが早いし体に楽だよって言われ、24時間開いてる薬局で薬だけ買うように指示されたことがある。
今回もふとそれを思い出して明け方までかかること覚悟に待合室で待つ・・・。
産婦人科の検診の時は大抵尿検査があるから、トイレも行きたいけど一応我慢しておこう・・・と我慢しながら待っていたのだけど・・4時前、我慢できずにトイレへ。 そして戻ってくると名前呼ばれて中へ・・・そしてやっぱり・・・

「ここに尿取ってきて下さい♪」って(-□-|||)
今トイレから出てきたところなんだけど・・・

でも慣れたもので、再びトイレに行くと少量ではあるけれど、ちゃんともう一度出てくれた^^;

何はともあれ朝の4時ころようやくドクターにご対面。
軽く問診してからエコーで赤ちゃんを確認。
最初は私の方からは画面が見えなかったのだけど、元気に動いてる赤ちゃんを見てドクターも「赤ちゃん元気だよ!」って。 そして後ろから画面を除いてたKも、「わー!赤ちゃんだー!!」って大興奮^^ そして私も、「え?赤ちゃん?動いてるの?見えないよ!」って言うとドクターが画面をこっちに向けてくれて、ここが頭で、足で、心臓で・・・って説明してくれる。 初めて赤ちゃんを見るKも思わず感動!
体の形がちゃんと出来ていて、鼻もあって・・・
心臓もしっかり強く打っていて、しかも10週にしては大きいですねって!
通常より大き目の赤ちゃんが元気にお腹の中で動き回ってればお腹も痛くなる訳だ(苦笑)。
だから妊娠に気づいた頃、生理痛みたいな腰痛が続いてたのかーと納得。 (赤ちゃんと一緒に子宮が大きくなるので初期の頃はそんな痛みもあるらしい)
朝の4時すぎだけど、こんな時間でも赤ちゃん寝ないで起きてるのか?なんて余計な事を思ったり・・・そういえば胎児の赤ちゃんってお腹の中で寝るのだろうか?

白黒の画面だけど、"Our baby is so qute!!"とKも大喜び。
何かこの言葉を聞いて思い出したのは自分が死産した時にまだ半分の大きさで皮膚も出来てない自分の赤ちゃんを見たとき、そんな姿だけど本気で”かわいい”って思った時のこと。
どんな姿でも”かわいい”って思うのはやっぱり親の気持ちなんだなって思う。 そしてそれをKも今体感したんだなって思うと嬉しい。

以前の妊娠の時は最初から通常より小さいといわれ、心音も聞こえるけれど弱いといわれていた。 つわりも腹痛も体で感じる症状もなく、そして最後に死産。 それと比べると、今回はつわりもあるし、お腹も痛くなるし、気持ち悪くもなるけれど、その分赤ちゃんは大きくて、心臓も強く打っていて元気。 つわりは赤ちゃんが元気な証拠♪って本当みたい。

気になるヘルニアの所も見てもらい、ヘルニアも大丈夫ですよって。
最初は10週での腹痛は異常ですなんて電話の人に言われて心配だったけれど問題もなく一安心! 過去の経験から何となく「自分は流産しやすいのかもしれない」なんてよく思ってて、何か体の変化があるごとに死産した時のことがよみがえって、また同じ事が起こるんじゃないかってよく思って不安になっていたけれど、今回はいろんな事がその時とは違って、何だか安心。 元々元気な赤ちゃんは何がどうでもちゃんと育つようになってるんだなーって思う。

流産の確率もこれだけ赤ちゃんが元気ならかなり低いでしょうって。
まだ流産の確率はあるにはあるけれど1%くらいですよって。 言われると過去から続いてる流産への不安が解消される。

最後に問診で(?)、日本のどこから来たの?とか、二人はどうやって出会ったの?なんてドクターからの質問も受け、笑顔で終了。

帰りの道のりについたのは既に朝の4時半過ぎ。 二人とも体は疲れていたものの、赤ちゃんを見たので興奮気味。 妊娠する前から「二人の子供は帝王切開だよ♪」って言い続けていたK、Kが生まれるときは大きすぎて肩がつかえ、帝王切開になったらしい(←出会った頃から聞かされていた話)、赤ちゃんが通常より大きいというのを聞いて、「こりゃあ帝王切開確定だね♪」って笑。 そして通常より大きいって事は男の子かなーなんて話しつつ帰宅。
お腹が10週にしては大きいと思っていたのも赤ちゃんが大きめだったせい。 エコーを見て、二人で勝手に妄想していた双子説はこれにて終了。

今回のエコーは日本でするような機械と同じで、水も飲まずに大丈夫なものだった。
11月に予約が入ってるエコーは1時間前までにコップ4杯の水を飲んでトイレを我慢しないといけないもの・・・その分より良い画像が見れて、貰えるんだろうなーと期待しつつ・・・。
妊娠中の不安は尽きないけれどまずは赤ちゃんも元気という事がわかって一安心^^
[PR]
「赤ちゃんの分も、二人分食べないとね」って言葉を妊娠するとよく聞く。
”二人分食べる”って聞くと、今までの2倍の量の食べ物を食べないといけないのかな?なんて思うとそれはそれで結構なプレッシャー。 赤ちゃんのいるお腹で、2倍の量を食べるっていうのはかなりきつい。 
食べづわりだった頃はそれもある程度可能だったかもしれないけれど、最近は食べづわりを通り越して、普通のつわりになりつつある。 多少の空腹で我慢が出来ないなんて事もなく、食事の時間まで待つことが出来るようになってきた。 その反面、今まで以上に匂いに敏感になったり、ちょっとした匂いでうえってなる。 幸いまだ吐いてないけれど。。。 食欲はむしろ最近落ちてるかも?

”二人分”食べる必要があるのは安定期に入ってから。 今の第1期はつわりで体重落ちる人もいるくらい、それでも赤ちゃんは大丈夫なのだそう。 だからこの時期は食べられるものを食べて、水分をしっかり取っておくようにと。 なんていわれるとそれに甘えてしまったりもするのだけど^^;

カナダでの妊婦雑誌にも"Eat for Two"(二人分食べる)って書いてあった。 でもよく読んでみると、”2倍の量”を食べるのではなくて、”赤ちゃんの事を考えて食べ物を選ぶ”という事なのだそう。 赤ちゃんの事を考えて、より体に良いもの、より栄養のあるものを選んで食べるようにするのだそう。
そこに書いてあった例では、例えばマクドナルドで通常チーズバーガーをふたつ注文していたならば、チーズバーガーはひとつに減らして、代わりにミルクを注文しなさいって。 妊婦雑誌の例でマクドナルドっていうのもどうかと思ったりもするけれど(笑) チーズバーガーをミルクに変える事で、カロリーを抑える事が出来、代わりにカルシウムを取ることが出来る。
また、日常生活でも、毎日お茶を飲んでいたならば、お茶の変わりにジュースやミルクを飲めば栄養も水分も同時に取れ、体重増加もそれほどプレッシャーに感じなくても自然に増えていくと。 
実際私も妊娠してから水やお茶よりはジュースやミルクを飲むようにしていた・・・そして良くも悪くも?2週間で2.7Kg増加(苦笑) つわりがあっても食欲があるのも救い。

体重増加も日本では8Kgまでと指導されてるのに対してカナダは18Kgまで。 私のドクターは日本人の体を理解してくれる人だったのでそこまで増やさなくても良いといってくれたのだけど、日本人でもカナダでの妊娠では体重はもっともっと増やせとよく言われるらしい。
だけど必要以上の体重増加は難産になりやすかったり、その他にも母体にいろいろな影響が出てくる。 
カナダでの産婦人科では18Kgまでと指導されてるけれど、でもふと妊婦雑誌を見てみると、体重の増やしすぎは難産のリスクを負うことにもなる、って指摘されている。 そのうちカナダでも体重増加の指導が変わるようになるのか? 昔は日本も体重はもっと増やすように言われていたのだけど、出産時のリスクなどから8Kgまでになったらしい。

また妊婦雑誌に書いてあったオススメのドリンクのひとつ、ホットミルク。
ホットミルクといってもただ暖めるだけじゃなくて、ミントの葉っぱをちぎっていれ、ミント風味にする。 好みではちみつを入れるのも良い感じ♪

e0090610_45526.jpg



またもうひとつ最近すっかりハマってしまったドリンクはホットチョコレート
鍋でミントの葉と一緒にミルクを温め、湯気が立ってきたらチョコレートひとかけら程度を加えて溶けるまで暖める。 チョコレートは甘いのがよければミルクチョコレートやホワイトチョコレート、さっぱりしたのがよければダークチョコレートで。
チョコレートはミルクと一緒になると甘さが増すので、今私がひたすらハマってるのは70%のダークチョコレート。 甘くないけど味はチョコレート。 そしてミントでさっぱり。
最近の朝食はこのホットチョコレートとパン。
パンはお腹を落ち着かせてくれるそうなのでつわりの助けにもなる?

外の景色もすっかり紅葉。
日本の紅葉に比べたら色が変わるのも早くて、色が変わったかと思うとすぐに散ってしまうのだけど。。赤くて綺麗だった木は写真を撮ろうと思いながら数日したら既に散ってしまっていた(涙)

e0090610_454563.jpg


e0090610_46735.jpg


e0090610_462526.jpg


[PR]