カテゴリ:夢( 3 )

1月頃だったか、赤ちゃんのデイケア探しでデイケアの見学に行き、子供のデイケアを捜す為に行ったものの、久しぶりに保育の現場を目にし、日本で幼稚園の先生をしていた頃が懐かしくなり、もう一度子供に関わる仕事をしようかと考え始め、デイケアで働いてみるか!と思い、必要な資格や何かいろいろ調べていたのだけど、、、最近になって本格的に考え始めてるのが、デイケアオープン072.gif

デイケアで働くのもひとつの手だけど、自分でデイケアをオープンしてしまえば子供を人に預ける心配をしなくて済む、、というのと、日本での幼稚園での経験が生かせる、、というのと、保育の仕事っていうのは、子供たちに物事を教えることで、自分にとってもひとりの人間として学ぶことが沢山あって、やりがいのある仕事。

バンクーバーのカフェで働いて以来、カフェが好きで、自分でカフェをオープンしていたいとも思っていたのだけど、自分に子供がいることも考えるとカフェよりはデイケア。

自分でデイケアをオープンするとなると、それにあたって必要なものをそろえたり、資格や許可を取ったり、タックスのことやら何やら学ばないといけない事も沢山あるのだけど、久しぶりに”勉強”するのもまたおもしろいだろう、、、ということでどのくらいかかるかは未だ未定だけど、まずはできることから行動開始☆


また、今日は初めて赤ちゃんをベビーシッターさんに預けた日。
4月は突然Kの仕事が始まることになり、良いことなのだけど、私のシフトがめいいっぱいフルタイムで入ってしまっていたので急遽できる限り変更してもらったものの、どうしても変えられなかった日についてはデイケアまたはベビーシッターさんをお願いするしか他なく、が、デイケアは料金払ってウェイティングリストに載せてもらっていたもののうちが電話する直前に他の赤ちゃんを受け入れてしまったそうで、、、4月はベビーシッター産にお願いすることに。

ご機嫌な時は良いものの、ぐずる時はかなりぐずるので、どうなることかと心配していたものの、Kが帰ってきた時にはご機嫌で遊んでもらっていて、全く問題なさそうだよと。。
自分の子供を人に預けるってこれだけ心配なことなんだなーというのもまたデイケアをオープンするのに良い経験で。。
過去に幼稚園の先生をしていた時は、沢山子供たちのことを考えて、毎日幼稚園で楽しく過ごして、また次の日幼稚園に来るのが楽しみになるようにと日案や週案、行事計画などしたり、新入園児がやってくる春にはできるだけ子供たちの不安を取り除いて早く幼稚園になれるようにとあれこれ考えていたけれど、預ける側のお母さんたちも不安だったんだろうなーと、今となって身にしみて思うところ。

何はともあれ、先はどうなるかわからないけれど、まずは情報収集から開始☆


*今日の離乳食

*朝食
オートミールシリアル
ブルーベリーヨーグルト
牛乳

*昼食
ミートソースのごはん
オレンジ
ミルク

*夕食
スクウォッシュと赤ピーマンのごはん
バナナヨーグルト
ミルク

*おやつ
コーンポテト、チュリオス、牛乳


ふと気づけば赤ちゃんもあと5日で11ヶ月!
あと1ヶ月したら1歳!?と思うとびっくり。 
時がたつのは早い早い。。。
[PR]
by ohayo-canada | 2009-04-01 13:55 |
毎年5000人の日本人がGETできるカナダワーキングホリデービザ。 毎年定員になるのが早くなっている。 それだけカナダの人気が上がってるのか、または年々海外に行きたい人が増えたり、昔に比べたらかなり海外に行きやすくもなってるんだろうなと思う。
少なくとも毎年5000人の日本人がカナダにワーホリに行き、就労ビザや短期留学、学生ビザの人達も含めたら相当な人数の日本人が毎年カナダに渡っている!

航空会社万歳だ(笑)

今では移民の国とも言われるカナダ、カナダ人の友達も「昔はこんなじゃなかった!」って言っていた。
また、ナイアガラ方面でワイナリーをしてる友達がこの前日本に来た時、ワイナリーには東京から沢山観光客が来るから、東京にも同じように沢山観光人がいるのかと思ったら、ほぼ皆住人で、日本は単一民族の国、しかもあまり英語が通じない・・・って。ちなみに彼女はただ観光で来ただけなので日本語は「わからない」くらいしか解らない。

今では海外に行ったことある人、自分も含めて割りと増えている。 なので”外国に行った事ある”とか”飛行機に乗った事ある”なんていっても特に珍しくはない。
でも20数年前、自分が子供の頃だった時は、自分達の年齢が浅い事もあったけど、飛行機に乗ったり、海外に行った事があるというと「すげーっ」って、かなり珍しい存在になれたものだ。
今では、あの頃に比べたら自分の中ですら”海外”を遠く感じなくなっている。
外国に行く事がもっと身近になったら、次は宇宙か・・・?

「今度火星にワーキングホリデー行くんだ~」なんて会話が周りにあったりして(笑)
その頃にはきっと私はしわしわのおばーちゃんだ( ̄□ ̄)!!
火星語・・・?

私がワーホリの存在を知ったのは約2年前、行きたいと思ってから2年後の今、実現!
最初のきっかけは、とある事があって、1ヶ月くらい自分にバケーションをあげよう!と思ってカナダ行きを決めたのがきっかけ。 自分は馬に乗るのが好きだったからカナダで1ヶ月ファームステイして馬に乗って、ファームでのんびりしようと思い、とあるエージェントに申し込んだ。
だけど、そこであった無料の英会話。最初は"What's your name?"と言われても「お~すげ~外人の先生が英語で話しかけてきた!」くらい英語がわからなかった(涙) でも通うにつれて、言ってる事が解るようになり、「英語が喋れるっておもしろい!」と思い、ファームステイから短期留学にコースを変更した。
ワーホリの存在も知ったけど、突然1年滞在の計画に移行する勇気もなく、まずは1ヶ月行ってみてから決めようと思った。

この選択は正解だった気がする。 あれから2年、カナダの事沢山知る事も出来たし、生活に関する事や様々な情報や知識を得る事が出来たし、英語がCANADAっていう綴りも苦しかったのに今では日常会話も話せるようになったり、また短期留学した時のホストファミリーがいまだに助けてくれたり、いろんな意味でよかったなと思う。

あと約1週間で出発! やっとスタート地点だ!
[PR]
by ohayo-canada | 2006-04-16 22:17 |
e0090610_1864243.jpgちょっと不思議な話。
何故だかいまだに覚えている高校生の時に見た夢。10年前だ!
凄く綺麗な場所だった。

広い丘があり、遠くの方に小さな教会があり、周りに洋風な人達がいる。
そして教会の周りには桜が満開。
自分は遠くから見ているだけの夢だったけど、とても暖かい感じで、情景があまりに綺麗過ぎて何故だかずっと覚えている。 何処なのかはさっぱり不明だけど、夢の中ではその地名を「こうせき」と認識していた。

また近くにはまっすぐなレンガの道がある。 これは今でも時々夢に見る事があり、そこに行くと自分は夢の中にいる事がわかっていて、「あ~ここに来た」って思う。

現実とは離れた場所だし、完全に夢の世界ではあるけど、本当に現実にこんな場所があるなら行って見たいし、住んでみたいって思う。


e0090610_1852166.jpgまだ全く同じ場所は見つけた事ないけど、カナダに行ったときに似たような場所はあった。
写真のSt.Cathalines/Ontario/Canada
ナイアガラ方面に旅行に行った時、ステイしていた友達の家の周りを散歩し、3時間道に迷った時にたどり着いた場所だった。 
散々歩いてここに来たとき、夢に見た場所を思い出し思わず写真を撮った!
後からステイしていた家の友達やお母さんに写真を見せて聞いてみたけど家の近くにこんな場所があったかどうかはわからないと言われた。 多分相当遠くまで歩いてしまったのだと思う。


カナダやその他”外国”にはこういう綺麗な場所は沢山あるとは思うけど、最初にここに来た時はやっぱり感動的だった。 そしてそこにあったベンチで休んでから帰った。 そしてまた更にカナダへの愛着が強くなった。

”外国”に対する憧れは昔から強く、一度は住んでみたいと思っていた。
高校の時の授業中に友達と「外国」の話で盛り上がり、草原やら馬やら妄想に走り、「あ~いいね~」ってため息ついたり。。。授業とは全然別の世界に行ってしまったりしてた(^^;

カナダへの出発ももう目の前!カナダも外国。。。
おおっついに自分はこれから「外国」に住むのか!!と思うと何か興奮する。
現実的な事とは離れてるけど、「住む」というのがずっと憧れだったな~と思う。

出発まであと少し!
[PR]
by ohayo-canada | 2006-04-08 17:55 |