カテゴリ:文化( 1 )

英会話喫茶でおしゃべりなカナダ人のおじさんが教えてくれた挨拶の違い
日本では初対面であった時の挨拶は主に言葉と、軽い会釈程度、たまに握手したりする事もあるかもしれないけどそのくらい。

カナダでは、一般的にハグ、と思っていたけど、相手の挨拶の仕方で相手が自分に好意があるか、あまり良い印象を持ってないかがわかるらしい。

まずは握手。相手の手にあまり力が入ってない場合は、「あまりこの人と関わりたくない」みたいな印象があるらしい。あとはアイコンタクトや表情。
相手の手に力が入ってる時は"Good Friend!!"仲良くしよう!っていう意味があるらしい。
でも、それを教えてもらった後に他の人にやや強めの握手をしたら、力強いな~って言われちゃったけど(笑) 加減はほどほどに(笑) でも、おかげで仲良くなれた!

ハグの場合、大抵ハグをするのは2度目以上。 初めて会った時は大抵握手か、方をたたく程度。 2度目からはハグをするパターンが多い。
でも自分が初めてホストマザーに会った時は初対面でもハグだったけど、それは家族として迎え入れる意味があったのかな?
 
相手が握手をし、自分のをしっかりつかんで挨拶してきた場合、これはどんなに笑顔でも、良い言葉を交わしていても、「ハグを拒否されてる」状態なので、あまり友好的ではないらしい。 相手の腕を押さえる事で、一見友好的にも見えるけど、相手がハグできない状態にあるので、それ以上近づくな的な意味もあるらしい!

自分は日本の文化で育ってきていて、自分からハグするとかいう習慣はまったくないけど、ハグや握手にもいろいろあるんだな~と思う。

日本人の基本的な挨拶はお辞儀、軽い会釈から深いお辞儀、その場面場面によってもお辞儀の仕方や意味がある。
おもしろいのは、上司に電話をかけているサラリーマン相手に姿は見えないのに、電話しながらお辞儀してる(笑)
[PR]
by ohayo-canada | 2006-02-01 17:26 | 文化